日向坂46、全国ツアー完走 四期生12人も初ステージ<Happy Smile Tour 2022>

日向坂46、全国ツアー完走 四期生12人も初ステージ<Happy Smile Tour 2022>

日向坂46「Happy Smile Tour 2022」 写真:上山陽介

日向坂46が12日〜13日、全国ツアー「Happy Smile Tour 2022」の東京・国立代々木競技場第一体育館公演を開催。ツアーファイナルの13日公演では全22曲を披露し、新加入の四期生もフレッシュなパフォーマンスでステージを盛り上げた。

 開演を告げる「Overture」に続く、オープニングナンバーは黒装束の衣装に身を包んだメンバーが舞い踊った「My fans」。「NO WAR in the future2020」ではキャプテンで一期生の佐々木久美が「Happy Smile Tour、行くぞ〜!」と観客を鼓舞し、ライブの定番曲「キツネ」に続くMCでは、一期生から三期生までが和気あいあいとトークを展開した。

 「耳に落ちる涙」「君のため何ができるだろう」に続く「僕なんか」では、センターの二期生・小坂菜緒が凛々(りり)しい表情でパフォーマンス。「飛行機雲が出来る理由」に続くシングル表題曲「君しか勝たん」の披露後には、楽曲のセンターを務めた一期生の加藤史帆が「続いては、みなさんお待ちかねのこの方たちの登場です!」と元気よく四期生を呼び込んだ。

 インストゥルメンタルのダンサブルなBGMとともに流れたのは、四期生を氏名の50音順に紹介するVTR。四期生の12人は映像内の順番で1人ずつスポットライトを浴びて、キレのあるパフォーマンスを展開し、紹介VTRの放映後に披露したグループ初の四期生楽曲「ブルーベリー&ラズベリー」では、息の合ったしなやかなダンスで客席を魅了した。

 MCでは先輩の一期生から三期生も合流し、四期生が1人ずつ「よろしくお願いします」と自己紹介。先輩たちから「フレッシュ」という声も聞かれる中、佐々木久美は「12人の四期生が日向坂46に来てくれました。日向坂46、総勢33人になるんですけども、あっという間にね、横一列がこんなに長くなっちゃって。私たちもうれしいですし、感慨深いものがあります。でも、33人になっても変わらず、日向坂46らしくこれからも頑張っていきたいと思います。これからも私たちのことをどうぞよろしくお願いします」とあいさつし、客席では大きな拍手が巻き起こった。

 パフォーマンスへ戻り、ユニット曲「その他大勢タイプ」「10秒天使」、三期生楽曲「ゴーフルと君」を披露。シングル表題曲「キュン」「ってか」など、多彩なメンバーの組み合わせで8曲をノンストップで歌い上げた。

 過去のシングルにおけるセンター発表を振り返るVTRに続いたのは、一期生・齊藤京子が初のシングル表題曲センターを務めた「月と星が踊るMidnight」。続く「知らないうちに愛されていた」では、曲中で横一列になったメンバーが、顔のそばに寄せた手でグループの”ヒ”ポーズをかたどった。

 観客の拍手を受けたアンコールは「アザトカワイイ」からスタート。MCでは、齊藤が「思えばこの8枚目(シングル)、『月と星が踊るMidnight』とかセンターをやらせていただくこととか、このツアーの初日で発表したので。無事、千秋楽を迎えられたのはすごい感慨深いものがあるというか、このツアーは私にとってすごく大切な思い出になりました。これからもいろんな歌番組で歌えるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

 佐々木久美は「こうしておひさま(ファンの愛称)と作るからこそ、とても、ライブというものが大事なものになってきていますし。こういう大変な時代ではありますけど、こういう場所を設けさせていただけるっていうのは、おひさまのみなさんが常に私たち、日向坂のことを思ってくださっているからだなと今日改めて思いました。本当にいつもありがとうございます」と感謝を伝えた。

 公演も残りわずかとなり、メンバーもペンライトを手にした「JOYFUL LOVE」では客席が恒例の“虹色”に染まり、ラストのグループ名を冠した「日向坂」で会場の一体感はピークに達した。この日最後のMCでは、佐々木久美に招かれた四期生を含む参加メンバー全員(※二期生・宮田愛萌が欠席)がステージで横一列に並びあいさつ。1人ずつステージを離れ、最後に残った四期生の最年少メンバー・13歳の渡辺莉奈が客席へ深々とお辞儀し、ステージを締めくくった。

 日向坂46の全国ツアー「Happy Smile Tour 2022」最終公演(13日)のセットリストは、以下の通り。

Overture
M1:My fans
M2:NO WAR in the future2020
M3:キツネ
M4:耳に落ちる涙
M5:君のため何ができるだろう
M6:僕なんか
M7:飛行機雲が出来る理由
M8:君しか勝たん
M9:ブルーベリー&ラズベリー
M10:その他大勢タイプ
M11:10秒天使
M12:ゴーフルと君
M13:キュン
M14:真夜中の懺悔大会
M15:恋した魚は空を飛ぶ
M16:アディショナルタイム
M17:ってか
M18:月と星が踊る Midnight
M19:知らないうちに愛されていた

EN1:アザトカワイイ
EN2:JOYFUL LOVE
EN3:日向坂

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?