『エルピス』ラスト数秒の衝撃 転落したのは誰? SNSで推測する声(ネタバレあり)

『エルピス』ラスト数秒の衝撃 転落したのは誰? SNSで推測する声(ネタバレあり)

ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』第4話より(C)カンテレ

女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の眞栄田郷敦、鈴木亮平が共演するドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』の第4話が14日に放送され、ラストシーンであるキャラクターが転落する姿が描かれるとネットは騒然。放送直後から転落したキャラについての推測が相次いで投稿された。

 第4話では、恵那(長澤)が番組スタッフに“奇襲”をかける形で、拓朗(眞栄田)と共に取材した事件関係者へのインタビューVTRが『フライデーボンボン』で放送される。番組は思わぬ反響を呼び、後日第2弾が放送され、第1弾を上回る視聴率を記録するものの、冤罪の可能性がある松本死刑囚(片岡正二郎)の再審請求が棄却されてしまう。

 さらに拓朗は上司の村井(岡部たかし)に、中学時代にいじめられていた友だちを裏切ってしまった過去を涙ながらに告白。その後、恵那が正気を失った表情の拓朗に驚く様子も描かれた。

 そんな波乱の第4話のラストシーン。マンションのベランダのような場所が画面に映し出されると、その直後「ドスン」という鈍い音が響く。画面が切り替わると、そこにはベランダから落下したのか、地面にうつ伏せになって倒れる人物の姿がある。

 そのまま第4話が幕を閉じると、ネット上は「え?え?え?」「衝撃的過ぎる」「落ちたの誰???」と騒然。さらに視聴者の間では転落した人物についての推理も始まり「飛び降りたのはチェリーさん?」「あれ、チェリーちゃんだよね…」「最後チェリーさんだったか?!」など、恵那や拓朗が取材を始めるきっかけを作ったヘアメイクのさくら(三浦透子)の名前を挙げる声が多数寄せられた。

 なお、すでに公式サイトで公開されている第5話のあらすじページでは、さくらが自殺を図ったことが明かされている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?