『オールド・ボーイ』チェ・ミンシク、26年ぶりドラマ復帰! 『カジノ』ディズニープラスで配信決定

『オールド・ボーイ』チェ・ミンシク、26年ぶりドラマ復帰! 『カジノ』ディズニープラスで配信決定

『カジノ』日本語版ポスタービジュアル(C)2022 Disney and its related entities

『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシクが主演する韓国ドラマ『カジノ』が、ディズニープラスのコンテンツブランド「スター」にて、12月21日より独占配信されることが決定した。これに併せて、日本語版ポスタービジュアルと予告編、さらに日本語版キャラクターポスターが解禁された。

 本作で描かれるのは、カジノの世界を支配する裏社会に足を踏み入れた主人公チャ・ムシクの波乱万丈な人生の物語。一時は“カジノ王”の座を手にするが、とある事件をきっかけにすべてを失った1人の男が、自らの人生を取り戻すため再び命がけのゲームに復帰する姿を描いたクライム超大作だ。

 主人公のムシクは大田(テジョン)の駅前で新聞を売りながら貧しい幼少期を過ごし、30代で有名な英語塾の塾長となる。平凡ながらも幸せな日々を送る彼だったが、故郷の後輩アン・チヨンが賭博ビジネスを持ちかけたことをきっかけに、本格的にカジノ経営を始め、誰もが羨む韓国のカジノ界トップの座まで上り詰める。ところが、ある事件からすべてを失うことになてしまい…。

 人生のすべてをカジノにベットし、生存を賭けて運命に挑むムシクを演じるのは、カンヌ国際映画祭の審査員特別グランプリ受賞作『オールド・ボーイ』などで知られる韓国を代表する俳優チェ・ミンシクで、本作で26年ぶりにドラマに復帰する。共演には『私の解放日誌』で高い演技力を魅せたソン・ソック、『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』でブレイクしたイ・ドンフィ、世界的ブームを巻き起こした『イカゲーム』で暴力団組員チャン・ドクスを演じたホ・ソンテ。監督・脚本は『犯罪都市』のカン・ユンソンが務める。

 公開された日本語版ポスタービジュアルは、チェ・ミンシク扮するチャ・ムシクの横顔を大きく配置したデザインとなっている。どことなく悲し気な眼差しで遠くを見つめるチェ・ミンシク、まっすぐ鋭い目つきで前を見据えるソン・ソックも印象的だ。

 予告編では、チャ・ムシクの貧しい幼少期から英語塾の塾長時代、そしてカジノ王として君臨するまでが描かれる。どうやって彼が全国区のカジノ王になったのか、波乱万丈の運命と、臨場感溢れる激しいアクションシーンの数々、そして韓国を代表する個性派俳優陣による圧巻の演技に期待が高まる。

 併せてチェ・ミンシク、ソン・ソック、イ・ドンフィのキャラクターポスターも解禁された。「命を賭けた最後のギャンブル」というコピーそのままに覚悟を決めた3人の表情は、再起の物語が一筋縄ではいかないものであることを窺わせる。

 韓国ドラマ『カジノ』は、ディズニープラス「スター」にて12月21日より独占配信。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?