英キャサリン皇太子妃、ダイアナ妃が愛したパールのティアラで晩さん会に

英キャサリン皇太子妃、ダイアナ妃が愛したパールのティアラで晩さん会に

バッキンガム宮殿で行われた晩さん会に出席するキャサリン皇太子妃(C)Avalon/Zeta Image

チャールズ国王が即位して以来初めて、イギリスで公式晩さん会が行われ、キャサリン皇太子妃が、ダイアナ妃が生前愛したティアラを身に着けて参加した。

 南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ大統領の公式訪問を受け、バッキンガム宮殿にて王室主催の公式晩さん会が行われた。今年9月にエリザベス女王が逝去し、チャールズ国王が即位して以来初めての開催だった。

 この日キャサリン妃は、ジェニー・パッカムの白いケープドレスに合わせ、ダイアナ妃が愛したラバーズ・ノット・ティアラを身に着けて会場に到着。ドレスには、ロイヤルファミリーオーダーと呼ばれる黄色い徽章(きしょう)と、ロイヤル・ヴィクトリア勲章の最高位デイム・グランド・クロスの星章と紺色のサッシュを付け、ダイアナ妃が所有していたパールのイヤリングと、エリザベス女王のブレスレットをコーディネートした。

 このティアラは大粒のパールが揺れるデザインで、Peopleによると、1913年もしくは1914年に、メアリー王妃が、かつて祖母が所有していたティアラを再現するべく、王室御用達ジュエラーのGarrard(ガラード)に作らせたものだとか。

 一方カミラ王妃は、ブルーのドレスに合わせ、サファイアとダイヤモンドのティアラをチョイス。このティアラは、2015年に中国の習近平国家主席がイギリスを公式訪問した際に、エリザベス女王が身に着けたものだそうだ。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?