霜降り明星、『ぐでたま』に声優出演! 2人が演じたキャラクター紹介映像到着

霜降り明星、『ぐでたま』に声優出演! 2人が演じたキャラクター紹介映像到着

Netflixシリーズ『ぐでたま 〜母をたずねてどんくらい〜』に声優出演する霜降り明星(C)2022 SANRIO CO.,LTD. S/D・G

12月13日配信開始となるNetflixシリーズ『ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~』のたまごキャラクターの追加キャスト声優として、お笑いコンビ・霜降り明星の出演が発表された。併せて、2人が演じた「ぐでたま たまご寿司」と「グレたま」のキャラクター紹介映像も解禁となった。

 ぐでたまは、2013年にサンリオが開催した食べ物をテーマにした新キャラクターの一般人気投票企画「食べキャラ総選挙」から誕生(第2位)。翌2014年から2020年まで朝の情報番組でショートアニメが放送された。

 そんなぐでたまを、最新のCG技術で主演キャラクターとして迎え制作される本作は、ぐでっとしていたい全ての人に贈る、脱力と共感の親探しロード・トリップ。どうせ食べられるだけだと自分の運命を諦め、いつもぐでっとしていたいぐでたまが、前向きで暑苦しいひよこのしゃきぴよに巻き込まれ、冷蔵庫から外の世界へ。正反対のデコボココンビは、母親探しの旅に出ることに。旅の途中で多種多様なたまごたちと出会い、それぞれの調理法があることを知っていく、ぐでたま。ぐでたまが自分の行く先を考え始めた時、このままだと腐ることが判明。果たして、動きたくも働きたくもない主人公ぐでたまは、母親のもとにたどり着くことができるのか?

 霜降り明星のせいやが声を演じるのは、“自由になりたいと願うが、背中のシャリが重く、さらにのりで縛られている「ぐでたま たまご寿司」。粗品は、“賞味期限が大幅に過ぎ、腐ってしまったたまごで、しゃべり方も腐りきっていて言葉づかいも悪く、人のおなかをピーピー言わせるのが得意”な「グレたま」の声を務める。

 そんな個性が強いキャラクターを演じることについて、せいやは「たまご寿司は哀愁があるちょっと悲しいキャラクターなんです。長老的な面白いキャラクターなんです。今までになかったようなタイプのキャラクターで、回転寿司でなかなか取ってもらえなくて悲しいけど良い奴なんです。選ばれるのを諦めている様で、ちょっと芸人に近く、売れるか売れないかみたいな感じが共感出来て面白かったですね」と、自身と重ねて共感できるものがあるという「ぐでたま たまご寿司」の魅力をたっぷりと語った。

 粗品は「グレたまということで、グレているんです。セリフとか見ても結構“こらー”とか、“どこみとんねん”とか。最初、トラックに乗って登場する時、危ない!と思うところから始まるんですけど、結構オラついているんですよ。今回声優として、普段出したことない声でやりました(笑)」と「グレたま」を演じるにあたってこだわった点を語った。さらに、アフレコで意識したことについて「グレているんですけど、ぐでってもいるので、ゆっくりやってくださいって言われました。ゆっくりグレって演じるのが、本当に難しかったです」と、苦労したポイントを明かした。

 Netflixシリーズ『ぐでたま ~母をたずねてどんくらい~』は、Netflixにて12月13日より世界独占配信。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?