エリザベス女王がメーガン妃に抱いていた想い 新しい伝記本で明らかに

エリザベス女王がメーガン妃に抱いていた想い 新しい伝記本で明らかに

英エリザベス女王の新しい伝記本で、女王がメーガン妃に抱いていた想いが明らかに(C)Zeta Image

今年9月に亡くなった英王室のエリザベス女王の伝記本が、12月に出版される。著者は、女王と親しかったことで知られるジャイルズ・ブランドレス。この中で、女王がメーガン妃に抱いていた想いが明らかにされた。

 JustJaredによると、この本の中で、女王はメーガン妃に好意を抱いていたと記されており、「もしそうしたいなら、女優を続けても良いですよ。それがあなたの職業なのでしょう」とさえ伝えていたそうだ。ヘンリー王子との結婚前には、女王はメーガン妃が歓迎されていると感じられるよう、あらゆることをしたという。

 王室を離脱後、ヘンリー王子とメーガン妃は、Netflixと巨額契約を結んだり、アメリカの有名司会者オプラ・ウィンフリーのインタビューに応えるなど、メディアとの関わりが大きく報道された。

 特に、オプラのインタビューでは、かねてよりささやかれていたキャサリン妃との確執や、メーガン妃が自殺を考えたこと、アフリカ系の血を引くアーチーくんの肌の色の濃さが、王室メンバーにより話題にされた事などが明かされ、大きな議論を呼んだ。

 これについて女王は、「馬鹿げたテレビのこと」よりも、ヘンリー王子のことを常に気にかけ、ヘンリー王子がカリフォルニアで新しい環境に慣れ、ちゃんとやっていけるか心配していたという。

 なお、アンドルー王子がオプラのインタビューについて文句を言うと、女王はかつてオプラのインタビューを受けたアンドルー王子の元妻サラ・ファーガソンを持ち出して、「サラも似たようなことをしなかった?」と答えたそうだ。

 エリザベス女王の伝記『Elizabeth: An intimate portrait from the writer who knew her and her family for over fifty years (原題)』は、現地時間12月8日に出版予定。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?