『M-1グランプリ2022』決勝進出者発表 ウエストランドらタイタン所属の2組も

『M-1グランプリ2022』決勝進出者発表 ウエストランドらタイタン所属の2組も

「M-1グランプリ2022」決勝進出者発表会見の様子 クランクイン!

『M-1グランプリ2022』決勝進出者記者会見が11月30日に都内で開催され、真空ジェシカ(ガク/川北茂澄)、ダイヤモンド(野澤輸出/小野竜輔)、ヨネダ2000(誠/愛)、男性ブランコ(浦井のりひろ/平井まさあき)、さや香(新山/石井)、ウエストランド(井口浩之/河本太)、キュウ(ぴろ/清水誠)、カベポスター(永見大吾/浜田順平)、ロングコートダディ(堂前透/兎)の9組が決勝に駒を進めたことが明らかになった。

 『M-1グランプリ』は、「とにかく面白い漫才」を基準として、プロ・アマを問わずに最も面白い漫才師を決める大会。今回は史上最多となる7261組が参加し、12月18日に開催される決勝では、会見で発表となった9組に加えて、敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた計10組が第18代目の王座をかけて争う。会見のMCは、かまいたち(山内健司/濱家隆一)が担当していた。

 ウエストランドとキュウは、ともに爆笑問題が率いるタイタン所属。2年ぶり2回目の決勝となった井口は「若手とも一緒にライブにずっと出ていたので。若手のファンからDMで『もう出るな老害』って来ながらも、それに耐えても若手と一緒にライブをやってきたので」とネタに磨きをかけてきた様子。「東京の事務所で決勝に2組吉本以外の人が行ったのは初めてだと思うので、それを達成できてうれしいですし、タイタンにいいニュースを届けたかったので、それは本当にうれしいですね」とも語っていた。

 ヨネダ2000は、決勝進出組で唯一の女性コンビになった。優勝賞金1000万円の使い道に話が及ぶと、誠は「相方の顎がちょっと出ていると思うんですけど、これ一回整形手術をして間違ってフランスパンの先端を入れられてしまったので、それの摘出に充てられればなと思っています」とボケて会場を沸かせた。一方の愛は「今26歳なんですけれども、上の歯が2本乳歯でして。20歳くらいで本当は『抜ける』って歯医者さんには言われていたんですけれども、6年頑張ってくれているので。いつ抜けてもいいように、乳歯の差し歯を作りたいと思います」と語っていた。

 『M-1グランプリ2022』決勝は12月18日18時34分よりABC・テレビ朝日系で生放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?