実写版『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』新カット到着 公開は2023年3月31日に

実写版『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』新カット到着 公開は2023年3月31日に

映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』新カット(C)2022 PARAMOUNT PICTURES. HASBRO, DUNGEONS &DRAGONS AND ALL RELATED CHARACTERS ARE TRADEMARKS OF HASBRO. (C) 2022 HASBRO.

俳優クリス・パインが主演を務める、世界中で大人気のゲーム「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の実写映画版『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』の公開日が、2023年3月31日に決定。新カットが解禁された。

 本作の主人公エドガンは“バード=吟遊詩人”で、盗賊稼業に勤しむアウトロー。フォーゴトン・レルムと呼ばれる中世ヨーロッパ風の世界を舞台に、およそヒーローには見えない仲間たちが冒険を繰り広げる。世の中を動かし得るほどのお宝、ドラゴンをはじめとした個性際立つクリーチャーたち、戦いを華やかに盛り上げる魔法や巧みなアクション、邪悪を極めるヴィランなど、空想を具現化したような壮大な世界観が展開する。

 主人公エドガンを演じるのは、「スター・トレック」シリーズや「ワンダーウーマン」シリーズのクリス・パイン。エドガンのパートナーとなる“バーバリアン=原始的戦士”のホーガ役は、「ワイルド・スピード」シリーズのミシェル・ロドリゲスが務める。

 さらに、エドガン、ホーガとユニークなパーティを組む仲間で、ハーフエルフの“ソーサー=魔術師”サイモン役に『名探偵ピカチュウ』や「ジュラシック・ワールド」シリーズのジャスティス・スミス。モンスターと混血のティーフリング“ドルイド=僧”ドレク役に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のソフィア・リリス。聖騎士ゼンク役に『グレイマン』のレゲ=ジャン・ペイジ。エドガンの娘キーラ役に『マリー・ミー』のクロエ・コールマンをキャスティング。

 そして、キーラを誘拐するエドガンのかつての友人で詐欺師のフォージ役には、『ブリジット・ジョーンズの日記』や『ラブ・アクチュアリー』などに出演し“ロマコメの帝王”とも呼ばれ、近年は『ジェントルメン』などスリラーバトル作品でも唯一無二の存在感を見せた名優ヒュー・グラントがふんする。

 新カットは、共に冒険を繰り広げるエドガン(クリス)、ホーガ(ミシェル)、サイモン(ジャスティス)、ドレク(ソフィア)の4人を捉えたものとなっている。

 映画『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』は、2023年3月31日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?