渡辺徹さん死去 芸能界から悲しみの声「お兄ちゃんの様な人」「涙が止まらない」

渡辺徹さん死去 芸能界から悲しみの声「お兄ちゃんの様な人」「涙が止まらない」

渡辺徹さん(2013年撮影) クランクイン!

俳優でタレントの渡辺徹さんが11月28日、敗血症のために都内の病院で亡くなったことが、所属していた文学座より発表された。俳優として演技の世界のみならず、バラエティ番組でも活躍した渡辺さんの訃報には、多くの芸能人から追悼の声が寄せられている。

 ダウンタウンの松本人志はツイッターを更新。生前、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系/毎週木曜22時)などで何度も共演経験があった渡辺さんの死去に触れ、「大好きなお兄ちゃんの様な人でした」とその人柄を偲んだ。

 ダイアモンド・ユカイは渡辺さん死去のニュース記事を引用しながら、「徹さん貴方は同世代でお会いした時からみんなを包み込むような貫禄があり、あの愛に溢れた明るい笑顔忘れられません。有り難う」と感謝を投稿。

 つるの剛士は、「お仕事はもちろん、2014年、日本将棋連盟より将棋親善大使委嘱式にてご一緒に登壇、受嘱させて頂いた。一局指して頂きたかった。渡辺徹さんのご冥福を心よりお祈りいたします」とコメントしている。

 サッカー元女子日本代表で、タレントの丸山桂里奈は、「渡辺徹さんの訃報を聞いて、涙が止まらないです。郁恵さんは事務所の大先輩です。徹さんには挨拶をさせて頂いたり新幹線で隣の席になり、沢山お話ししました」と生前の渡辺さんとの交流を振り返り「優しい笑顔と声が今でもそこにあります。闘病していたのを知らなかったのでまた会えると思ってました。悲しい。悲しすぎます」と悼んだ。

 女子レスリングのオリンピック3連覇の吉田沙保里は、渡辺さんとの2ショットを公開し、「いつも何かと気にかけていただき、マヨネーズの話にはすぐに反応してくださったり、楽しくて優しくてお茶目だった渡辺徹さん もっとたくさんお話したかったです…」とつづり、「今は信じられない気持ちでいっぱいですが…どうか安らかにお眠りください。謹んでお悔やみを申し上げます」と、早すぎる死を悼んだ。

引用:「松本人志」ツイッター(@matsu_bouzu)
「ダイヤモンド・ユカイ」ツイッター(@diamondyukai)
「つるの剛士」ツイッター(@takeshi_tsuruno)
「丸山桂里奈」ツイッター(@marukarichan11)
「吉田沙保里」ツイッター(@sao_sao53)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?