『今際の国のアリス』シーズン2、待望の最新映像がブラジルコミコンにて解禁&キーアート到着

『今際の国のアリス』シーズン2、待望の最新映像がブラジルコミコンにて解禁&キーアート到着

Netflixシリーズ『今際の国のアリス』シーズン2キーアート(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT

俳優の山崎賢人と土屋太鳳がダブル主演を務め、12月22日から配信されるNetflixシリーズ『今際の国のアリス』シーズン2の本予告映像とキーアートが、ブラジルで開催中のコミコン「CCXP2022」にて解禁された。

 本作は、麻生羽呂による人気漫画を実写化して2020年12月に配信され、世界70ヵ国TOP10入りしたサバイバルドラマのシーズン2。生きる意味を見失っていたアリスやウサギたちが、元の世界に戻ることを希望としてまさに命懸けの“げぇむ”に挑む。仲間との絆が深くなるほどに緊張感が高まるストーリー展開。知力・体力・チームワークなど登場人物それぞれの特性が生かされる多種多様な“げぇむ”の数々と手に汗握るアクション。そして前シーズンで話題となった「無人の渋谷」から一変、またもや高度なVFXを駆使した「植物化した東京」の大迫力。人気シリーズがさらにパワーアップして帰ってくる。

 元の世界に帰るために“今際の国”の謎を追いかけるアリス(山崎)とウサギ(土屋)。2人は謎を解き明かす鍵と思われる場所で仲間と敵、そして“げぇむ”を操る黒幕と出会う。“げぇむ”に勝利する度に手に入るトランプの数字のカードをすべて集めたアリスたち。残るはジャック、クイーン、キングの絵札のカードのみ。前作を上回る難易度とスケールの“げぇむ”に挑むアリスたち。果たしてすべてのカードがそろったとき、彼らは元の世界に戻ることができるのか…?

 解禁となった映像は、フィルムカメラに写された「この世界に来た時のこと覚えてる?」「本当に誰も覚えていないんですね」という、本作にとって最大の謎とも呼べる“今際の国”の真実に迫る意味深なコメントから始まる。

 前作以上に激しさとスケールが増した“げぇむ”の数々、立ちはだかる“絵札”のゲームマスター、各キャラクターのせりふとともに映しだされる映像は、「“げぇむ”を楽しみましょう」というミラ(仲里依紗)の一言から始まる“ねくすとすてぇじ”での“げぇむ”の激しさを一層予感させる。極限状態で生きることの意味を探し求め、戦うアリスたち。キューマ(山下智久)が明かした“今際の国”の国民とはいったい何者なのか? 難易度マックスの“げぇむ”の先に、どのような真実が待ち受けているのか? 壮大な物語を期待せずにはいられない映像となっている。

 キーアートには、植物化によってシンボルの一つであるビルが倒壊した渋谷にたたずむアリスとウサギの姿が。不気味なほどに赤く染まった空に浮かぶ絵札のカードの横断幕を下げた飛行船と、レーザー光線が降り注ぐ中、2人が見据えるのは絶望か、希望か…。

 Netflixシリーズ『今際の国のアリス』シーズン2は、Netflixにて12月22日配信開始。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?