『舞いあがれ!』“柏木”目黒蓮、“水島”佐野弘樹のために涙 ネットもらい泣き

『舞いあがれ!』“柏木”目黒蓮、“水島”佐野弘樹のために涙 ネットもらい泣き

連続テレビ小説『舞いあがれ!』第47回より(C)NHK

福原遥がヒロインを務める連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第10週「別れと初恋」(第47回)が6日に放送され、柏木(目黒蓮)が水島(佐野弘樹)のために涙を流す姿が描かれると、ネット上には「もらい泣き」「確実に人として成長してる」といった声が集まった。

 舞(福原)、柏木、水島は緊張しながら中間審査を終え、大河内教官(吉川晃司)から結果を伝えられる。柏木と舞は無事に合格。しかし水島には不合格が伝えられ、3日後に再審査をすることが告げられる。

 水島と寮で同じ部屋の柏木は、懸命に水島をサポート。しかし結果は不合格。航空学校を退学させることになった水島は、寮に戻って部屋を出る準備をしている。場の空気を和まそうと明るく振る舞う水島と、そんな彼に背中を向けている柏木。水島は冗談めかして、父親から送られてきた缶詰を柏木にもらってほしいと笑って語りかける。

 水島は「缶詰もらってくんね? すげー余っちゃって…」と話しつつ「アレじゃまるで卒業するまで寮にいるみたいじゃん」と笑う。これに柏木は、水島に背中を向けたまま静かに「卒業するまで、いる気だっただろ?」とポツリ。「え?」と聞き返す水島に、柏木は静かに「お前はそんな半端な気持ちでやってなかった」と悔しさをにじませる。水島が「なんだよ急に〜」と近付くと、柏木は振り返り「なあ、素直に悔しいって言えよ」と真剣な表情で訴える。そんな柏木の目からは涙がこぼれるのだった。

 クールだった柏木が仲間のために涙を流す姿に、ネット上には「柏木くんが!水島くんの代わりに!泣いてる!」「仲間思う気持ちがめちゃくちゃ芽生えてる」などのコメントが続出。さらに「つられてこっちも涙どばーっ」「もーうもらい泣きだよ〜」といった投稿や「仲間のために泣けるほど人間らしくなってきた」「確実に人として成長してるよね」などの反響も相次いでいた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?