本田響矢&鈴木康介W主演、震えるほどもどかしいラブストーリー『ジャックフロスト』2.16放送決定

本田響矢&鈴木康介W主演、震えるほどもどかしいラブストーリー『ジャックフロスト』2.16放送決定

ドラマシャワー『ジャックフロスト』キービジュアル(C)「ジャックフロスト」製作委員会・MBS

俳優の本田響矢と鈴木康介がW主演するドラマシャワー枠初の完全オリジナル・ドラマ『ジャックフロスト』(MBSほか)が、2月16日より放送されることが決定した。

 本作は、多種多様なBLドラマを提供してきたMBSのドラマシャワー枠×KADOKAWAが手掛けるBLドラマレーベル・トゥンクのコラボ第6弾にして、初のオリジナル作品。若手俳優・本田と鈴木をW主演に迎え、新進気鋭の映画監督・安川有果と高橋名月が手掛ける“記憶喪失”BLだ。

 別れ話の直後に、事故によって記憶を失った律(りつ)。ルームメイトとして2人の関係性をやり直そうと奮闘する郁哉(ふみや)。彼の優しさに惹かれ再び郁哉に恋をする律は、記憶を取り戻す旅に出ようと郁哉を誘うが…。

 事故に遭い、郁哉と付き合っていた記憶だけを忘れてしまうイラストレーター奥沢律(おくさわりつ)役に、S級の色気とあどけなさのギャップを併せ持つ若手俳優・本田響矢。本田は、“日本一のイケメン高校生”を決める「男子高生ミスターコン2016」でグランプリを受賞し、「Popteen」のメンズモデルとして活躍。俳優としては『青春シンデレラ』(2022年)『正しい恋の始めかた』(2023年)などに出演し、Z世代から圧倒的支持を集める。

 健気な性格の文具メーカーの営業マン池上郁哉(いけがみふみや)役には、端麗な容姿と確かな演技力で評価が高い実力派俳優・鈴木康介。鈴木は、ABEMAの恋愛リアリティーショー『白雪とオオカミくんには騙されない』(2019年)で注目を集め、ドラマシャワー枠第3弾『高良くんと天城くん』(2022年)で主人公の親友役を好演。2022年には5本のドラマに出演するほどの人気を誇る。

 監督・脚本を務めるのは、心の葛藤を眩く繊細に映し出す映画界最注目の監督・安川有果と、瑞々しい感性で注目を集めるZ世代の気鋭監督・高橋名月。

 また、BLドラマレーベル「トゥンク」の公式ニコニコチャンネルプラスでは、ドラマの放送に合わせてメイキングや特別コンテンツを随時配信。本作のほか、トゥンクレーベルのBLドラマにまつわる最新情報をはじめ、ドラマの内容を深掘りする特別番組など盛り沢山の内容となっている。

 ドラマシャワー『ジャックフロスト』(全6話)は、MBSにて2月16日25時29分、テレビ神奈川にて同日25時、群馬テレビにて2月21日24時30分、とちテレにて2月22日25時、テレ玉とチバテレにて2月23日23時より放送開始。

 ※本田響矢、鈴木康介のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■本田響矢(奥沢律役)

奥沢律役を演じさせていただきます、本田響矢です。脚本を読ませていただいて「記憶が無いこと」・「BLであること」、今まで生きてきた人生で経験の無いことが2つありました。記憶喪失になった律は、どこからどこまでの記憶が無いのかあやふやで、記憶をなくす前の律・なくした後の律、どちらも物語が存在しているので、その時々の感情を大切にして、撮影に臨んでいます。
また、郁哉との日々を重ねていくたびに純粋に愛しいと思う気持ちが自然に出てきました。
この作品はちょっと変わった恋のリスタート。郁哉との恋模様をぜひ楽しんで観てください!

■鈴木康介(池上郁哉役)

僕自身、初めての主演作品なので、お話を頂いた時は本当に嬉しかったです。脚本を読ませていただいて、こんなにももどかしい両片想いの作品に出会ったことがなかったので、つい読み入ってしまいました。
今回演じさせていただく郁弥は、周りからは真面目と思われがちだけど実は少し抜けていたり、鈍感だったり世話したがりだったりするのですが、正直、自分と共通点が多く、郁哉を演じると自分の素をさらけ出している感じがして少し恥ずかしいです(笑)。
律役の本田さんとは何度か共演したことがあり、リハーサルや本読みの際には少し恥ずかしさや照れがあったのですが、実際クランクインすると本田さんは売れっ子イラストレーターの律になっていて、自分もスイッチが入り、恥ずかしいという気持ちから本当に好きだなという気持ちに変わっていきました。
プレッシャーや不安はありますが、1つのシーンをとっても妥協することなく納得のいくまで丁寧に撮っていますので、この素敵な作品を皆様にお届けできるように頑張ります!

■安川有果(監督)

本田響矢さんと鈴木康介さん、2人とも演技に対してまっすぐで、どこまでも真剣で、いつの間にか難役を自分のものにしていて、その軌跡を目撃することができた日々はとても充実していました。
カメラマン趙さんと照明森さんのコンビが織りなす映像美の中で、2人が愛し合ったり嫉妬に狂ったり、ただ日常を送ったりしている姿の全てを味わい尽くしてほしいです。
2人の素晴らしい俳優とこのドラマを作れたことを、早く自慢したいです。ぜひ、お楽しみにお待ちください!

■高橋名月(監督)

まずは「記憶喪失」という少し変わった設定にするりと溶け込んで、見事に演じ切った本田響矢さん、鈴木康介さんのお2人に大きな拍手を贈りたいです。撮影現場でも和気あいあいとした空気感を作ってくださったおかげでキャスト・スタッフ一丸となって撮影に挑むことができました。律と郁哉がそこにいれば、何気ない日常も瑞々しく感じられて、特別なものになる。そんな作品です。是非ご覧ください!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?