本郷奏多主演のブラックコメディードラマ『クライムファミリー』、4.11放送開始

本郷奏多主演のブラックコメディードラマ『クライムファミリー』、4.11放送開始

ドラマ『クライムファミリー』主演・本郷奏多(C)フジテレビ

本郷奏多が主演を務めるドラマ『クライムファミリー』が、フジテレビ(関東ローカル)にて4月11日より放送されることが決定した。

 フジテレビドラマのヤングクリエイターたちが月替わりでおくる「火曜ACTION!」で放送される本作。悪人の主人公が、お互いの本当の顔を知らず“ウソの家族”を演じ続ける犯罪一家を、皮肉にも“正しい家族”へと正していくブラックコメディードラマだ。本郷演じる主人公は、金をだまし取るために家庭教師と偽りある一家に潜入するが、その一家がそれぞれ主人公以上の犯罪に手を染めるとんでもない“犯罪一家”だったと判明することから物語が始まる。

 主人公・松田郷(本郷)は、天涯孤独にして一文無しの詐欺師。金に困った郷は、裕福で品行方正な佐々木家に狙いをつけ、経歴を詐称し一流家庭教師として潜入する。持ち前の口のうまさで佐々木家に取り入ることに成功したが、実はその家族はそれぞれ窃盗・詐欺・恐喝と郷以上の犯罪に手を染めるとんでもない“犯罪一家”だったことが明らかになる。しかし、当の家族は犯罪者としての顔をお互いに隠し、幸せな家族として過ごしている。

 早々に詐欺師の正体がばれた郷は、家族一人一人に「協力しなければ正体をバラす」と脅され、それぞれの家族の犯罪の片棒を担ぐ二重生活を余儀なくされることになる。家族にも秘密にしている本当の姿を、他人である郷には見せる佐々木家。そんな彼らを目の当たりにし、悪人の郷が図らずも家族の再生を手伝うことになる。果たして郷とウソで塗り固められた犯罪一家の迎える結末は?

 本郷は出演が決まった際の心境を「面白そうな企画だったので、“是非演じてみたい!”と思いました。泥棒や詐欺などの犯罪をしている主人公がターゲットとして近づいた家族は、自分よりも悪いことをしている雰囲気が漂っている。新しくてユニークな内容だと思いました」と語る。

 本作の脚本については、「話が進むにつれて家族それぞれにヤバそうな事情がどんどん出てきて、とても続きが気になる脚本でした。かなり個性的な作品かと思いきや純粋な家族愛もテーマとして描かれていたり、最終的には郷自身の成長もあるので絶妙なバランス感の作品だと思いました」と太鼓判を押した。

 また、役作りについては「詐欺師として家族に近づきますが少し詰めが甘く、結果的に家族に振り回されてしまうのが郷です。根っからの悪人ではなくどこか心優しい一面も持ち合わせているので、愛されるキャラクターになるよう演じたいと思います」とコメント。

 本作のストーリーにちなみ、自身の“誰にも知られていない秘密”を聞かれた本郷は「類いまれなる方向音痴です。特に建物内に弱く、控室からスタジオに向かった際なんかはまあまあな頻度で戻れなくなります。建物内は基本的に直角で構成されるため、右か左か直進かの選択を当て続けなければならない高難度のギャンブルです」と明かした。

 そして「ハラハラする展開もあり、コミカルな要素もあり、気軽に楽しく見ていただけるドラマになっていると思います。是非ご覧ください!」とメッセージを寄せている。

 火曜ACTION!『クライムファミリー』は、フジテレビ(関東ローカル)にて4月11日・18日各24時35分、4月25日・5月2日各24時25分放送。各話放送終了後、TVer、FODなどで見逃し配信を実施。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?