岸優太主演『Gメン』、吉岡里帆、田中圭ら演じるクセ強キャラが明らかに! “レイナ”恒松祐里のキャラPVも公開

岸優太主演『Gメン』、吉岡里帆、田中圭ら演じるクセ強キャラが明らかに! “レイナ”恒松祐里のキャラPVも公開

映画『Gメン』キャラクタービジュアル(上段左から)吉岡里帆、高良健吾、(下段左から)尾上松也、田中圭(C)2023「Gメン」製作委員会 (C)小沢としお(秋田書店)2015

岸優太が初主演を務める映画『Gメン』より、吉岡里帆、田中圭、高良健吾、尾上松也が演じるキャラクターの詳細とビジュアルが発表された。併せて、恒松祐里演じるレイナのキャラクターPVも解禁された。

 原作は、2014~18年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載され、コミックス国内累計発行部数150万部を突破した小沢としおの同名漫画。問題児ばかり集う男子校G組に転校してきた門松勝太が、クラスメートや上級生ら仲間たちと全力で生きる姿を描いた青春エンターテインメント作だ。

 “熱きおちこぼれ“ヒーロー・門松勝太を体当たりで演じるのは、本作が映画初主演となる岸優太。さらに竜星涼、矢本悠馬、森本慎太郎(SixTONES)、りんたろー。(EXIT)、吉岡里帆、高良健吾、尾上松也、田中圭が個性の強すぎるキャラクターを演じ切り、本作を鮮やかに彩る。メガホンを執るのは、『おっさんずラブ』『極主夫道』シリーズ、ドラマ『スタンドUPスタート』や、現在放送中の『unknown』などを手掛ける瑠東東一郎。

 このたび、吉岡里帆、田中圭、高良健吾、尾上松也が演じるキャラクターの詳細とビジュアルが明らかに。吉岡が演じるのは、勝太(岸)たち1年G組の担任・雨宮瞳。瞳は一見清楚でいつも笑顔、生徒にも優しい美人な先生だが、言うことを聞かない生徒に対しては性格が一変。普段の大人しい姿からは想像できないようなおかしなテンションで大暴れする。

 田中は、八神紅一(やがみ・こういち)役。私立武華男子高校の3年生である八神は、伝説の不良グループ「Gメン」最後のヘッドで驚異的な強さを誇る。金髪リーゼントがトレードマークで、強さと茶目っ気を併せ持ち何かと訳知り顔で勝太たちを見守る先輩だ。

 高良は、伊達薫役。伊達は私立武華男子高校の2年生で「Gメン」のメンバー。単車を愛し、義理人情に厚くて喧嘩もめっぽう強い。転校してきた勝太とすぐに打ち解け、一緒に過ごすうちに次第に恋心を抱くようになる。

 尾上は、加藤侠介(きょうすけ)役。刑務所から出所し、勝太たちの前に現れた加藤は、凶悪な組織=天王会のトップでクレイジーなサイコパス。金属バットを手に不気味な笑顔で暴れまくる、圧倒的な凶暴性の持ち主だ。

 併せて解禁となったキャラPVは、ピュアなレディース・上城レイナ編。勝太たちと一緒に青春を過ごすことになるレディース“多摩黒天使(ブラックエンジェル)”のヘッド・上城レイナは、G組メンバーに真正面からたんかを切るような強気で大胆な性格。一方で、勝太に密かに恋心を抱きながらもなかなか素直になれないという、恋愛には奥手でピュアな一面も持ち合わせている。

 映像は、レイナが「てめえら、ぜってえ許さねえからな!」と特攻服でたんかを切るインパクト大の姿からスタート。その後も「生きて帰れると思うなよ!」「ぶっ殺すからな!」と物騒な言葉を放ち、レディースのヘッドとしての素養を見せつける。一方で、勝太を校門前で待ち伏せて、「12時に駅前に一人で来い!」と呼び出すシーンでは、緊張から声が1オクターブ上がってしまうなど、ピュアな一面をのぞかせる姿も。最後は「別に好きだとか、そういうことじゃねぇからな。ぶっ殺すぞ!」と、レディースのヘッドとしてのプライドから素直に恋心を表現できない姿も見せるなど、レイナのかわいらしさが詰まった15秒となっている。

 映画『Gメン』は、8月25日全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?