『最高の教師』元タカラジェンヌ・中島亜梨沙、毒親役の怪演に称賛続々「俳優さんって凄い」

『最高の教師』元タカラジェンヌ・中島亜梨沙、毒親役の怪演に称賛続々「俳優さんって凄い」

ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』第2話より(C)日本テレビ

松岡茉優が主演を務め、芦田愛菜が共演するドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第2話が22日に放送され、宝塚歌劇団出身の女優・中島亜梨沙が生徒の母親役で鬼気迫る怪演を見せると、ネット上には「圧倒されました」「俳優さんって凄い」などの声が相次いだ。

 本作は完全オリジナル脚本の学園ドラマ。鳳来高校3年D組の担任・九条里奈(松岡)は、卒業式の日に“担任生徒の誰か”に突き落とされ、そして時を遡る。教壇に立ち、目の前に見えるのは1年後、自分を殺害する“30人の容疑者”。九条は覚悟を決め、命がけで生徒に向き合っていく。

 親の借金に苦しめられ、アルバイトを強いられているD組生徒・瓜生(山時聡真)。ある日の帰宅後、彼は母・梓(中島)にバイト代を手渡す。当たり前のように受け取った梓は封筒の中の札を数えると「これ、先月より少なくない?」とポツリ。これに瓜生は「予備校の入塾金、先に…」と言うと、梓はテーブルを叩き「家の金、勝手に使ってんじゃないよ!」と絶叫。続けて「えぇ? なに? あんた大学行こうとしてんの?」と問い詰める。

 さらにクライマックスシーンでは、瓜生がバイト代を前借りして用意した大金を借金返済に充てるように梓に手渡すものの、彼女は「ちょうどさ、春だし買わなきゃいけない物もあって…」とスマートフォンをいじり始める。中島演じる梓の言動に、ネット上には「母親怖すぎる」「うわぁー母親…最悪や」「毒親すぎる…」といった投稿が続出していた。

 中島は宝塚歌劇団出身で、退団後はテレビドラマや映画に進出。2023年4月期放送の『風間公親ー教場0ー』(フジテレビ系)にも鑑識課員役で出演していた。

 そんな彼女は第2話放送後に、自身のツイッターを更新。台本を持ったオフショットを披露しつつ「ありがとうございました」「この母親最低、クソ親、毒親という最高の褒め言葉」「罵詈雑言が嬉しいのは初めてです」とコメント。彼女の投稿に、番組を見ていた視聴者からその熱演に対して「やっぱり俳優さんって凄い」「ものすごく見入ってしまいました」「圧倒されました」などの称賛が多数寄せられていた。

『最高の教師』は民放公式テレビ配信サービスTVerにて第1話から第2話を配信中

引用:「中島亜梨沙」ツイッター(@Nakajima_Arisa)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?