『花腐し』かつて愛した“同じ女性”に思いをはせる綾野剛と柄本佑の場面写真が公開

『花腐し』かつて愛した“同じ女性”に思いをはせる綾野剛と柄本佑の場面写真が公開

映画『花腐し』場面写真(C)2023「花腐し」製作委員会

綾野剛主演、荒井晴彦監督による映画『花腐(はなくた)し』が、11月10日より劇場公開されることが決定。かつて愛した“同じ⼥性”に思いをはせる綾野剛と、柄本佑らの姿をとらえたシーン写真5点が公開された。

 本作は、松浦寿輝の芥川賞受賞小説を原作とする、ふたりの男とひとりの女が織りなす、切なくも純粋な愛の物語。主演に綾野剛、共演に柄本佑、さとうほなみを迎え、『赫い髪の女』『キャバレー日記』などの日活ロマンポルノ作品をはじめ、『ヴァイブレータ』『共喰い』などの脚本を手がけた荒井晴彦が監督を務める。

 廃れていくピンク映画業界で生きる映画監督・栩谷(綾野)と脚本家志望だった男・伊関(柄本)、そしてふたりが愛したひとりの女優・祥子(さとう)。タイトルに引用された万葉集の和歌「花腐し」とは、きれいに咲いた卯木(うつぎ)の花をも腐らせてしまう、じっとりと降りしきる雨を表現している。そのタイトル通り、梅雨のある日に出会った栩谷と伊関は、自分たちの愛した女について語り始める。そして、3人がしがみついてきた映画への夢がボロボロと崩れ始める中、それぞれの人生が交錯していく―。

 解禁されるシーン写真は5点。湿っぽい夜の空気、そして部屋の中で、かつて愛した同じ⼥性<祥⼦>について思いをはせる栩⾕と伊関の姿のほか、それぞれの記憶の中に留まる<祥⼦>との⾊鮮やかな記憶をとらえたものなど、いずれも⾊⾹匂い⽴つようなカットとなっている。

 映画『花腐し』は、11月10日より劇場公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?