かつて歌手活動していた50代大物女優たち 『紅白』でバスタブから歌披露した逸材も

かつて歌手活動していた50代大物女優たち 『紅白』でバスタブから歌披露した逸材も

(左から)永作博美、高岡早紀、石田ひかり クランクイン!

女優の石田ひかりが先月、自身のインスタグラムにて、かつてアイドルとして歌手活動していたころの写真を公開し、当時を懐かしんだ。石田のように現在では演技を通して広く知られているものの、実は歌手として活動していたという女優が少なくない。今回は、そんな「実は歌手デビューしていた」という石田ら50代の女優を紹介したい。

■ 石田ひかり

 石田は女優デビュー後、中学3年生だった1987年にシングル「エメラルドの砂」で歌手デビューし、シングル10枚、オリジナルアルバム5枚を発表している。先月、自身のインスタグラムでこの当時を振り返り、「パッとする事のできなかった、3年間のアイドル時代」「惨めなこと、つらいことの方が多い毎日でしたが 歯を食いしばって頑張ったこの頃が無ければ、今日のわたしは居ないわけで わたしは元気です!」とつづり、今では当時の苦労が大切な財産に変わっているようだ。

■ 高岡早紀

 50歳を迎えた今なお、妖艶な魅力を放ち続ける高岡早紀。実は彼女も1988年、靴ブランド「マドラス」のCMに出演した際にCMソング「真夜中のサブリナ」をリリースし、歌手デビューしている。これまでに8枚のシングル、4枚のオリジナルアルバムを発表し、近年はバースデーライブを開催している。

■ 永作博美

 2022年度後期放送の連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK総合ほか)でのヒロインの母親役が記憶に新しい永作博美。実は彼女のデビューのきっかけは1989年のバラエティ番組『パラダイスGoGo!!』(フジテレビ)の番組内ユニット、アイドルグループ「ribbon」で、歌も歌っていた。その後もソロでシングル3枚、オリジナルアルバムを2枚リリースし、2007年にはベストアルバム『永作博美 SINGLES コンプリート』が発売している。

『紅白』でバスタブから歌披露した大物女優も!

■ 深津絵里

 今年50歳の深津絵里は、10代のころ「JR東海」CMシリーズ「クリスマス・エキスプレス」で注目され、その後、大ヒットした『踊る大捜査線』シリーズや、主演作『カバチタレ!』(ともにフジテレビ系)など数々のドラマに出演する人気女優となる。実は彼女も、女優としてブレイクする前夜の1994年、複数のシングル、アルバムをリリースし、今も続く音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にも2度出演している。

■ 中山忍

 女優の中山忍は、特撮ファンには平成ガメラシリーズへの出演でおなじみで、その後も長年にわたって活躍を続ける。彼女も1988年から数年、歌手活動をしていた。ただ、当時は姉・中山美穂が人気絶頂だったこともあり、どこへ行っても「中山美穂の妹」呼ばわりされる状況。それが嫌で、姉の話題はNGにしてもらっていたはずのある番組で姉のものまねを振られたことをきっかけに、歌手活動を引退。女優としての経験を積み重ねて今に至る。

■ 宮沢りえ

 CM「三井のリハウス」の初代リハウスガール役で注目を集め、1988年に映画『ぼくらの七日間戦争』の主演で女優デビューを飾った宮沢りえ。実は翌年、歌手デビューもしており、デビューシングルは小室哲哉プロデュースの「ドリームラッシュ」。1990年、セカンドシングル「NO TITLIST」でオリコン最高1位を獲得した。また同年『第41回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)で紅白初出場。バスタブの中から歌唱を披露して視聴者の度肝を抜いた。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?