玉山鉄二、真木よう子、永瀬正敏らが撮影秘話を熱く語る! 実写映画『次元大介』インタビュー映像到着

玉山鉄二、真木よう子、永瀬正敏らが撮影秘話を熱く語る! 実写映画『次元大介』インタビュー映像到着

Amazon Original映画『次元大介』場面写真 Copyright:Original comic books created by Monkey Punch (C)2023 Amazon Content Services LLC or its Affiliates and TMS Entertainment Co.,Ltd. All Rights Reserved

玉山鉄二が主演を務める、『ルパン三世』シリーズの次元大介を主役にしたAmazon Original映画『次元大介』より、玉山、真木よう子、永瀬正敏、草笛光子、真木ことかの5人のキャスト陣が、撮影秘話や自身の役柄、互いの印象などを語るインタビュー映像が解禁された。

 モンキー・パンチ原作の『ルパン三世』は、50年以上にわたり、日本だけでなく世界中で人気を誇る漫画。1967年に原作漫画の連載が開始、1971年にはテレビアニメ第1シリーズ(PART1)の放送が開始されて以降、数多くのテレビスペシャルや劇場版が制作され、国民的作品として愛されている。

 本作は、シリーズ最新作となる実写アクション映画。主人公は、ルパン三世の無二の相棒で早撃ち0.3秒の天才ガンマンである次元大介。その粋な佇まいとハードボイルドな見た目で、主人公のルパン三世に勝るとも劣らない人気を誇る次元大介役を、小栗旬主演の実写映画『ルパン三世』(2014)でも同役を演じた玉山鉄二が担当。9年ぶりに再び次元大介としてカムバックを果たした。

 物語は、ある日、長年連れ添って来た愛銃コンバット・マグナムに違和感を感じた次元大介が、世界一のガンスミス(銃職人)を探して日本を訪れるところから始まる。たどり着いた先に待っていたのは、表向きは寂れた時計店を営む世界一のガンスミス、矢口千春(草笛光子)、そして残酷な過去のトラウマで声を出せなくなってしまった少女・オト(真木ことか)。図らずも始まった次元と千春、オトの疑似家族のような暮らしの中で、徐々にオトの心が解きほぐされていく。

 そんなある日、悪名高いスラム・泥魚街のボスで伝説の元殺し屋アデル(真木よう子)とその右腕・川島武(永瀬正敏)によって、オトが連れ去られてしまう。彼らはなぜオトを狙うのか。次元はオトを助け出すため、孤独な戦いに身を投じていく。

 このたび、俳優陣のインタビュー映像が解禁。玉山は「『また次元ができる!』とはしゃぐ自分をいかに抑えつけるかという作業をずっとしていた」と撮影を振り返る。そんな玉山について、川島武役の永瀬は「カメラがないところで普通に椅子に座って雑談しているときでも“次元”なんですよね、彼の醸し出すものが。それくらい次元と共に玉山君がいたんだと思います」としみじみ語る。

 また、物語の大きなカギを握る重要なキャラクターで、幼いながらも悲しい過去を抱える少女・水沢オト役を演じた真木ことかについて、玉山は「泣くシーンがたくさんある中で、(カメラが)回っていないときでもずっと泣いているんです。責任感を持ってこういうキャラクターに仕上げたいという想いが強いからなんだと思いますが、集中力がすごいなと思いましたね」と称える。千春役の草笛も「黙ってその場にいる“なんでもない”を上手に演じていて羨ましかった。やきもち焼けるわね(笑)」とコメント。

 そんなふうに大人たちから絶賛された真木ことかは、自身が演じるオトについて「毎日苦しみながら歩んできた子なので、オトが日々思ってきたことを、しっかり私も感情移入して(演技を)がんばろうと思いました」と初々しく語る。

 真木よう子は、自身が演じた美しき元殺し屋アデルについて「ショッキングな過去があって、復讐のために生きている」と説明し、「50代なのにずっと若く見えるという設定なので、普段自分が絶対に着ないような格好をできるのもありがたいです」とほほえむ。そのほか、玉山演じる次元について「撃ち合いのシーンでの撃ち方がカッコよかったです」と称賛した。

 さらに、玉山と真木は、“お気に入りのキャラクター”として、光や影を利用する擬態術で自由自在に姿を変える能力を持つ、アデルの右腕にして敏腕の殺し屋・川島を挙げる。原作者のモンキー・パンチの世界観をより色濃く反映させるため、演じる永瀬と橋本一監督が何度も対話を重ねて生み出されたという川島について、玉山は「決して大きなアクションではないけど、すごく不気味で。『ルパン三世』ファン、次元ファンの僕からするとグサッと刺さるものがありますね」と、その魅力を語った。

 そんな個性的で魅力的なキャラクターが多数登場する本作では、早撃ち0.3秒の天才ガンマン次元と、車いすに乗った伝説の殺し屋アデルが、迫力あふれるガンアクションを繰り広げる。ハードなアクションと次元の人間味をハイブリッドした本作について、玉山は「次元大介のスピンオフが映画として実写化されるという事実だけで、ルパン三世のファンの方々や『ルパン三世』シリーズを知ってくださっている方は言わずもがな期待されていると思うので、純粋に次元大介の世界観と、『ルパン三世』シリーズとはひと味違ったエンターテインメントを皆さんに楽しんでいただければそれだけで十分です」と熱く語っている。

 Amazon Original映画『次元大介』は、10月13日よりPrime Videoにて世界同時配信。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?