“おしどり夫婦”のアン ミカ、譲れない“夫婦間のルール”「異性としてなあなあにならないように」

“おしどり夫婦”のアン ミカ、譲れない“夫婦間のルール”「異性としてなあなあにならないように」

24日放送の『GIRLより or LADY ~私が最強~』より(C)AbemaTV, Inc.

アン ミカ、若槻千夏、ぺこぱ・シュウペイがMCを務めるオリジナル婚活サバイバル番組『GIRL or LADY ~私が最強~』の第4話が24日に放送。今回はMCのアン ミカが譲れないという夫婦間のルールについて明かす一幕があった。

 本番組は「ABEMA」オリジナルの新作で、「年齢と共に変化する女性の魅力や恋愛観・結婚観のリアル」をテーマに、運命の恋を求めて集まった結婚願望アリの12人の女性たちが、20代の「ガールチーム」と、30代の「レディチーム」に分かれ、誰もが羨む理想的な男性4人を奪い合う“婚活サバイバル番組”だ。

 第4話では、20代の「ガールチーム」と30代の「レディチーム」、そしてハイスペ男性4人が「結婚に関する100の質問」に2択で回答し、1番マッチング率が高かった男女ペアには2ショットトークの時間が与えられる「価値観マッチング」を実施した。

 アイドルグループ・NGT48の元メンバーで、モデルでインフルエンサーのミナミ(24歳)は、元アスリートで現在は経営者のタカ(34歳)とマッチング。お互いの価値観をすり合わせる中で、「甘えられたいタイプ」と明かすタカに対し、ミナミは「私は“甘えたい”タイプ。15歳から芸能の仕事をしていて、周りの空気を読んで行動する生活をずっと送っていた。だから、プライベートでは甘えさせてくれて、心が落ち着く人がいい。タカちゃんが甘えさせてくれるんだったら、めっちゃうれしい」と表情をほころばせる。

 タカはそんなミナミに心を揺さぶられながらも、これまで人材サービス企業経営者のタイスケ(28歳)一筋だったミナミの本心が気になる様子。それを問われたミナミはタイスケへの複雑な胸中を吐露した上で、「価値観が似ている人がいいから、私にはタカちゃんが合ってるのかも」とポツリ。タカがまんざらでもない表情を浮かべると、ミナミは「次に私と2人きりになった時は、男の子なところを見せてほしい」と畳み掛けるように甘いおねだりを炸裂させる。男性を虜にするミナミの“あざとテクニック”に、タカのみならず、本番組MCのシュウペイさんまでも「可愛いなぁ!」とノックアウトされる様子を見せた。

 スタジオでは、番組MCを務めるアン ミカと若槻も「価値観マッチング」に挑戦。「お互いの収入をオープンにする?しない?」「将来の親の世話は自分たちで面倒をみる?老人ホームでもいい?」など、100の質問を見た若槻は「私は譲れないものが本当にない。相手に合わせるタイプ」と明かすと、アン ミカは「大人やな~」と拍手。すると、若槻は「大人というか、決める責任を負いたくないんです(笑)」と頭をかいた。

 一方で若槻とは対照的に、アン ミカは夫婦間での“譲れないポイント”がいくつかある様子。その内の1つとして「お風呂は一緒に入らないようにしている」と夫婦のルールを公開し、その理由を「2人のセクシャリティな意識を残したいから、裸を見せない。異性としてなあなあにならないようにしている」と明かし、感心を誘っていた。

 『GIRL or LADY ~私が最強~』はABEMA SPECIALにて毎週日曜22時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?