【映画ランキング】『ミステリと言う勿れ』公開から3週連続首位で動員200万人突破! Amazon製作『沈黙の艦隊』は2位発進

【映画ランキング】『ミステリと言う勿れ』公開から3週連続首位で動員200万人突破! Amazon製作『沈黙の艦隊』は2位発進

9月29日~10月1日全国映画動員ランキング1位:『ミステリと言う勿れ』(C)田村由美/小学館 (C)2023 フジテレビジョン 小学館 TopCoat 東宝 FNS27社

9月29日~10月1日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『ミステリと言う勿れ』が、週末金土日動員30万5000人、興収3億9400万円をあげ、公開から3週連続で首位に輝いた。累計では動員205万5000人、興収27億7600万円となった。

 2位は、Amazonスタジオが初めて日本劇場公開映画製作を務めたかわぐちかいじの人気コミックの実写映画化『沈黙の艦隊』が、初週金土日動員27万4000人、興収3億7000万円をあげ初登場。3位は公開2週目の『映画プリキュアオールスターズF』が、先週の同順位をキープした。累計では動員84万人、興収10億円を突破した。

 先週2位発進だったキアヌ・リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』は2ランクダウンの4位。累計では動員40万人、興収6億円を突破している。

 5位は、安藤サクラと山田涼介が特殊詐欺を生業とする姉弟役を演じた『BAD LANDS バッド・ランズ』が初登場。6位にも宗教家の大川隆法が製作総指揮と原作を手掛けた『二十歳に還りたい。』が初登場となった。

 7位は公開5週目の『ホーンテッドマンション』、8位には公開3週目の『グランツーリスモ』、9位には公開5週目の『劇場版シティーハンター 天使の涙』、10位には公開12週目の『君たちはどう生きるか』がそれぞれランクインした。

 9月29日~10月1日の全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『ミステリと言う勿れ』
第2位:『沈黙の艦隊』
第3位:『映画プリキュアオールスターズF』
第4位:『ジョン・ウィック:コンセクエンス』
第5位:『BAD LANDS バッド・ランズ』
第6位:『二十歳に還りたい。』
第7位:『ホーンテッドマンション』
第8位:『グランツーリスモ』
第9位:『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』
第10位:『君たちはどう生きるか』

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?