矢口真里が“あの1件”でつんく♂に伝えたいコトとは? 保田圭も登場 今夜の『さんまのまんま秋SP』

矢口真里が“あの1件”でつんく♂に伝えたいコトとは? 保田圭も登場 今夜の『さんまのまんま秋SP』

10月6日放送の『さんまのまんま秋SP』より(C)カンテレ

今夜10月6日21時放送の『さんまのまんま秋SP』(カンテレ・フジテレビ系)に、つんく♂、保田圭、矢口真里が出演する。

 ハワイ在住のつんく♂は10年ぶりの登場。喉頭がんで声帯を摘出しているため、パソコンやジェスチャーを使って明石家さんまとコミュニケーション。日本のラジオも聴いているというつんく♂から「おもしろかった」と直接連絡をもらったというエピソードも披露する。「歌えない歯がゆさもあるやろ…」と、時折つんく♂を心配するさんまだが、つんく♂からは「しゃべらなくても意外と人生なんとかなる」という言葉が。さんまは「ええこと言うなあ」と感心しつつ、さんまならではの“笑い”でつんく♂を大いに笑わせる。

 さんまが、つんく♂に、「これまで携わって、『よっしゃ!』と思った曲はどの曲なんや?」と質問すると、つんく♂が、“思い入れのある曲”を発表する。

 トークが盛り上がる2人を前に「すごく貴重なお話ばかりで…」と、遠慮してなかなか入れずにいたモーニング娘。OGの保田圭と矢口真里が合流する。さんまから「あの時、めちゃめちゃ迷惑かけたやろ!」とふられた矢口は「その節は本当に申し訳ございませんでした!」と、かつて自身のスキャンダルで迷惑をかけたことをつんく♂に深々と謝罪。当時のことについて、つんく♂が明かしたある言葉に矢口は「あれ!? なんで知ってるんでしょう」と焦ってしまう事態に。さらに「あの時は申し訳なさすぎて、気まずすぎて、つんく♂さんに連絡できなかった…」と、当時の心境を語る。

 また、保田は、モーニング娘。時代のつんく♂について、「愛情はもちろんたくさんいただいてたんですけど、つんく♂さんはメンバ―との間に線をきっちり引かれていた」と回想。

 つんく♂は“自分の好みの女性をアイドルとして選ぶのか”と、問われると、当時、音楽プロデューサーとして“意識していたこと”を明かす。さらに、矢口が「さんまさんは、モーニング娘。で誰が1番好きなんですか?」と質問すると、さんまは当時のモーニング娘。のメンバーで、仲が良かったというある人物との関係を語り、あるショックなことが発覚してしまう…。

 このほか、橋本環奈、藤岡ファミリー(藤岡弘、、天翔愛、藤岡真威人、天翔天音)、バスケット男子日本代表・トム・ホーバスHCの富樫勇樹選手、比江島慎選手、馬場雄大選手らがゲスト出演する。

 『さんまのまんま秋SP』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月6日21時放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?