『呪術廻戦』七海建人、“静かな怒り”表現する作画&声に絶賛「溢れんばかりの殺意」「ツダケンさんの演技力とMAPPAの超作画」

『呪術廻戦』七海建人、“静かな怒り”表現する作画&声に絶賛「溢れんばかりの殺意」「ツダケンさんの演技力とMAPPAの超作画」

テレビアニメ『呪術廻戦』第2期 第12話場面写真(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

テレビアニメ『呪術廻戦』(MBS・TBS系)第36話(「渋谷事変」第12話)が10月12日に放送。重面春太と戦う七海建人(通称ナナミン)の“静かな怒り”を演出するアニメの表現が大きな反響を呼んでおり、SNSでは「ブチギレすぎてて作画にも気合が入りすぎまくっているナナミンかっけえ…」「アニメだと枷が外れたレベルに恐さが全快になってるの凄すぎるんだわ」「怒りを表現する津田健次郎さん凄すぎる」と熱狂するファンの投稿が寄せられている。※記事内にネタバレを含みます。あらかじめご了承の上お読みください。

 第36話「鈍刀」では、釘崎野薔薇、新田明の両名が呪詛師・重面と遭遇。応戦する釘崎が重面の術式と卑怯な戦い方に苦戦を強いられていたが、そこに1級呪術師・七海が介入。勝気な性格の釘崎が素直にレベルの違いを認めるほど圧倒的な強さで重面を撃退する。

 道中、瀕死の伊地知潔高や殺害された補助監督を何人も見てきた七海。「仲間の数と配置は?」「ここに来るまで何人もの補助監督が殺されていました」と話しながら補助監督への襲撃を繰り返してきた重面を殴り飛ばすシーンでは、「ヤベェ…! ナナミンブチ切れてる…! 怖かっこいい…!」「ナナミン好きはみんな見たかったブチギレシーン」「原作で見た時から好きなシーンでした。ナナミン素敵すぎ…」「敵が泣くのも納得の怖さ」「普段はクールなキャラが仲間を想ってキレるの大好きすぎる」と歓喜するファンが続出。

 特に大きな話題を呼んだのは、淡々と話す七海の口調から抑えきれない怒りや凄みがにじみ出る表情の書き込みと津田健次郎による声の表現。視聴者からは「キレ具合がアニメだと枷が外れたレベルに恐さが全快になってるの凄すぎるんだわ」「表情から声から10倍ブチ切れまくってて草」「どんどん声色を太くできる津田さんはやっぱすごい」「溢れんばかりの殺意をギリギリ理性で抑えてのあの迫力は本当に名シーン過ぎて! 瀕死の伊地知さんを目にした時に変わった声の圧といいツダケンさんの演技力とMAPPAの超作画が見事に噛み合ってましたな」「MAPPAさんの作画が凄すぎて、ツダケンさんのナナミン良すぎて、全てが良い」と絶賛の声が相次いでいる。

 デンマーク人の祖父を持つ元サラリーマンという異色の設定、時間外労働を“縛り”にする個性、そして理知的な言動で常識人の印象が強い七海は公式の人気投票でも毎回TOP10入りを果たす人気キャラ。重面との戦闘と、負傷した釘崎と新田に見せた紳士的な振舞いのギャップに魅力を感じる視聴者も多く、「野薔薇と新田ちゃんを椅子に座らせて自分は膝をつくナナミン」「自身の実力でも最低レベルだからここで待機としっかり伝えた上で足手纏いになるって言うナナミンまじで優しい」「厳しいこと言ってるけど、優しさが隠し切れてなかった」といった声も。なお、人気投票では原作者・芥見下々が「五条に投票した方。悪いことは言わない。七海にしとけ」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?