元アイドルから演歌歌手まで 鉄道をこよなく愛する女性たち<今日は「鉄道の日」>

元アイドルから演歌歌手まで 鉄道をこよなく愛する女性たち<今日は「鉄道の日」>

(左から)松井玲奈、常盤貴子 クランクイン!

本日10月14日は「鉄道の日」だ。明治5年(1872年)10月14日、新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が開通したことを受け、その誕生と発展を記念して、毎年10月14日が「鉄道の日」と定められた。鉄道ファンというと男性のイメージがあるかもしれないが、意外にも女性の鉄道ファンは多く芸能人も例外ではない。今回は鉄道好きを公言している女性芸能人たちを一挙紹介していく。

■石川さゆり

 「津軽海峡冬景色」「天城越え」など、数々のヒット曲を世に贈り出し、2022年3月でデビュー50周年を迎えた演歌歌手の石川さゆり。現在も精力的に活動を続けており、18日スタートの小池栄子主演ドラマ『コタツがない家』(日本テレビ系)では、新曲「ダメ男数え唄」が主題歌に決定している。

 そんな彼女が鉄道を好きになったきっかけは、幼少のころに住んでいた熊本で鹿児島線を走るSL(蒸気機関車)を見ながら育ったからだそう。当時は白川という熊本を流れる川にかかる鉄橋があり、その近くの土手に駆け上がっては友だちとSLを見てワクワクしたという。また、SL好きが高じて2019年の第70回NHK紅白歌合戦リハーサルでは、「津軽海峡・冬景色」を熱唱する際にSLの出発音で曲が始まるという演出もあった。自身のインスタグラムでは、仕事の移動で乗った新幹線の写真をアップしている。

■木村文乃

 3月に一般男性と結婚、7月に第1子出産を発表した女優の木村文乃も、鉄道好きと知られているひとりだ。旅の様子を投稿している自身のインスタグラムでは、黒のロングスカートとデニムのジャケットを組み合わせたコーデで、黒く輝くレトロな列車との2ショットを披露している。投稿内の「#移動してる時間が好き」の記載からも鉄道好きが伝わってくる。

 2020年には、バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。特に寝台特急が好きであることや、電車での移動が好きになった理由を「景色の変わっていくのを見るのが好き」と話し、共演した鉄道好き芸人たちから称賛される場面もあった。

■松井玲奈

 SKE48元メンバーで女優の松井玲奈も鉄道好きで知られる。自身のYouTubeチャンネル「松井玲奈」では、新幹線で仕事に向かう様子を公開しており、車両もしっかり撮影している。2021年11月18日に投稿された「【山形】『E3系』に乗って美味しいまんじゅうに出会う【松井玲奈】」では、新幹線の連結部分を見ては「ウェーイ! 連結ぅ!!」や乗降口を見て「乗降口のステップが大好物である」「乗り場のステップ出ないの可愛い」など、マニアックすぎるコメントを見せた。

 さらに、2019年に放送された『アメトーーク!』の人気企画「鉄道ファンクラブ」にも出演。その饒舌っぷりから、同回にゲスト出演していた元AKB48・川栄李奈に「こんなにしゃべる玲奈さんみたことない」と言われたほどであった。

■市川紗椰

 『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)で鉄道愛と知識を発揮していた、ファッションモデル・タレントの市川紗椰も鉄道オタクとして有名だ。インスタグラムでは度々車両との2ショットや駅で撮影した写真を投稿。それだけには留まらず、なんと自身の鉄道愛を語る著書『鉄道について話した。』(集英社)を2020年に発売。

 本書は「週刊プレイボーイ」(集英社)で市川が連載している人気コラム「ライクの森」に加筆・修正をほどこし、さらに書き下ろしパートを加えたもの。全国各地の路線や名車両などをマニアックに語っており、筋金入りのマニアであることがうかがえる。

■常盤貴子

 鉄道とそれを作る鉄をこよなく愛する女優・常盤貴子。彼女は車両だけではなく、車内で働く鉄道員さんたちにも注目している。コロナがまん延していた2020年には、鉄道員さんの感染対策を目撃したことをインスタグラムに記し、「電車の揺れもある中で、一つ一つ…つり革、手すりと、丁寧に除菌。感動して泣きそうになった」と語った。

 2023年1月29日放送の『笑神様は突然に…冬の2時間スペシャル』(日本テレビ系)では、ガスタンクを見つけては喜び、鉄筋を組み合わせて作った屋根を発見すると、すぐにスマホで撮影する鉄好きな一面もみせた。

引用:
「石川さゆり」インスタグラム(@sayuri_ishikawa_official)
「木村文乃」インスタグラム(@uminokimura_official)
「市川紗椰」インスタグラム(@sayaichikawa.official)
「常盤貴子」インスタグラム(@takakotokiwa_official)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?