しずる村上、おしりの“緊急手術”「悶絶、のたうち回って一人阿鼻叫喚」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • しずるの村上純がお尻にできた腫瘍を取り除くため緊急手術を受けた。
  • 医師からは局部麻酔の20秒が一番痛かったと告げられ、村上は悶絶しながら一人阿鼻叫喚した。
  • 手術後も痛みがあり、痛み止めの薬が間に合わない問題もあったが、早めに病院へ行くことを呼びかけた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

しずる村上、おしりの“緊急手術”「悶絶、のたうち回って一人阿鼻叫喚」

しずる 村上 クランクイン!

お笑いコンビ・しずるの村上純が8日、自身のX(旧ツイッター)を更新。お尻にできた“オデキ”を取り除くために、緊急で手術を行ったことを明かした。

 村上は6日のポストで「久々にお尻にかなりデカめのオデキが出来てしまった」「お祭りで特賞でもらうスーパーボールくらい」と、お尻のにできものが出来ていたことを明かしていた。

 今回の投稿では、「【術後写真閲覧注意】」として、病院での術後の写真をアップ。「こちらのお尻のオデキ、昨日今日でどんどん肥大し痛みも倍増で更新していくので、堪らず病院に駆け込んだ!」とあまりの痛みに緊急で病院へいった事を報告。「診断結果、粉瘤だったんですが、縦横四方5~6cm大の玉みたいなのが臀部の皮膚に埋まってる感じでした」とし、「おまけに患部周りは炎症しまくりで、速攻でくり抜き手術をしてもらいました」と詳細につづった。

 医師からは、局部麻酔を打った初めの20秒が痛みのピークだと告げられた村上だったが、「いざ注入キープオン20秒。悶絶、のたうち回って一人阿鼻叫喚」と想像を絶する痛みに苦しんだ模様。「やはり、奥さんの助言をちゃんと聞いて早めに病院に行くべきですね。皆さん、何か違和感を感じたら病院に出来るだけ早く行きましょう」と呼び掛けた。

 また別のポストでは、「処方箋での薬受け取りが仕事に向かう新幹線の時間的に間に合わなくて、痛み止めと化膿止めのお薬が飲めず、麻酔も切れて座席の上で痛みに耐える時間...」とつづり、術後も痛みに悩まされたことを明かした。

引用:「村上純(しずる)」X(旧ツイッター)(@shizzlemurakami)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?