主題歌はMrs. GREEN APPLE 山田涼介×浜辺美波共演『サイレントラブ』来年1.26公開&本予告到着 新キャストに野村周平ら

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 山田涼介と浜辺美波主演映画『サイレントラブ』の公開が2024年1月26日に決定した。
  • 同作に野村周平と古田新太の出演が追加され、主題歌はMrs.GREEN APPLEの新曲「ナハトムジーク」に決定した。
  • 主人公の蒼が目が不自由になった音大生の美夏と出会い、静かな愛の物語が描かれる.

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

主題歌はMrs. GREEN APPLE 山田涼介×浜辺美波共演『サイレントラブ』来年1.26公開&本予告到着 新キャストに野村周平ら

映画『サイレントラブ』本ポスター(C)2024「サイレントラブ」製作委員会

山田涼介(Hey! Say! JUMP)が主演、浜辺美波が共演する映画『サイレントラブ』の公開日が2024年1月26日に決定。併せて、本予告、本ポスターが解禁。主題歌はMrs. GREEN APPLEの書き下ろし新曲「ナハトムジーク」に決まった。さらに新キャストとして野村周平、古田新太の出演も解禁となった。

 『ミッドナイトスワン』で日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した内田英治監督がオリジナル脚本で描く本作は、“世界でいちばん静かな”ラブストーリー。

 主人公の青年・蒼が心引かれたのは、目が不自由になり夢が途絶えかけている音大生の美夏。「ピアニストになるという君の、美しい夢をかなえたい」。ある出来事をきっかけに声を発することをやめた蒼は、心でそう願いながら美夏とのかけがえのない時間を過ごしていくが―。

 主人公・蒼役には山田涼介。ラブストーリー映画初主演となる本作で、声を発することをやめた不器用な主人公を繊細に演じ、新たな境地を見せる。

 そして不慮の事故で目が不自由になり、絶望の中でもがくピアニスト志望の音大生・美夏役には浜辺美波。蒼と出会うことで絶望の淵から希望を見いだしていく難しい役どころを演じ切る。

 音楽は久石譲が担当。優しくもどこか切ない音色が二人の物語に花を添える。

 野村周平は、浜辺演じる美夏の通う音楽大学で非常勤講師を務める北村悠真役。山田演じる蒼から自分のふりをして美夏のためにピアノを弾いてほしいと頼まれたことから、2人の人生に深く関わっていく役どころだ。

 大学の校務員として蒼と共に働く柞田役には古田新太。社会の日陰で生きる人間の反骨精神を、優しさとユーモアを添えて体現した。

 最新予告映像では、Mrs. GREEN APPLEの楽曲「ナハトムジーク」にのせて、主人公・蒼と美夏の運命的な出会いのシーンから、やがてお互いに引かれ合う様子、そして2人に訪れる切ない展開が描かれている。

 “君の夢をかなえたい”“すべてのものから守りたかった”という蒼の純粋すぎる思いは美夏を優しく包み込むが、“言葉”を介さない2人の関係は、野村演じる北村や周囲の人間を巻き込んでいく。予告編のラストには大雨の中で泣き叫ぶ蒼の姿が。声を捨てた青年と、光を失った少女との“静かなラブストーリー”の結末はいかに?

 さらに蒼と美夏の印象的なキス寸前の姿が描かれた新ビジュアルも解禁となった。

 Mrs. GREEN APPLE書き下ろしの主題歌について、山田は「人は誰もが何かを抱えながら、強くもがいて生きているのだと、歌詞から、大森さんの唄声からひしひしと感じ、サイレントラブをより華やかに彩ってくださっている。心に響く歌だ、、と感銘を受けました」とコメント。

 浜辺は「この主題歌は、映画の中の切実な声を腹の底から叫びながらも、その心さえも優しさで包み込まれているように感じました。撮影は全編終了し、ストーリーとしては完結してはおりますが、この主題歌を聴き、やっと今、あの美夏として過ごした日々が完結し報われたように感じました」と言葉を寄せた。

 Mrs. GREEN APPLEは本作について、「恋をするって、愛に気付かされるって、残酷ながら美しく、素敵なことだなと改めて感じることが出来る、そんな作品だと、僕らは思います」と話している。

 映画『サイレントラブ』は、2024年1月26日より全国公開。

 山田、浜辺、Mrs. GREEN APPLEのコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■山田涼介

 この歌を聴いた時、簡単な言葉で表したくないですが、、なんて静かなのに激しいんだ。。と。蒼を演じていた時を思い出し、苦しく切なくなりました。ただ、人は誰もが何かを抱えながら、強くもがいて生きているのだと、歌詞から、大森(元貴)さんの唄声からひしひしと感じ、サイレントラブをより華やかに彩ってくださっている。心に響く歌だ、、と感銘を受けました。

 この映画の静けさの中で、久石さんが作り出す音色の世界、そして、Mrs. GREEN APPLEが奏でる音楽に魅せられていただきたいと思います。

■浜辺美波

 「サイレント」と題名に入った映画ですから、劇中では言葉ではなく静かに心を汲み取る場面が多い作品となっております。ですが一人一人の役柄に焦点を当てると、私自身が演じた役もそうですし、どの役も心の中では葛藤と叫びたい想いを抱えている苦しさがあります。

 この主題歌は、映画の中の切実な声を腹の底から叫びながらも、その心さえも優しさで包み込まれているように感じました。撮影は全編終了し、ストーリーとしては完結してはおりますが、この主題歌を聴き、やっと今、あの美夏として過ごした日々が完結し報われたように感じました。素晴らしい主題歌をご提供いただき、とても幸せです。

■Mrs. GREEN APPLE

 「ナハトムジーク」という楽曲を書き下ろしさせていただきましたMrs. GREEN APPLEです。

 「サイレントラブ」
 人を思うとは、過去を背負うとは、幸せを描くとは、とても普遍的な綺麗事ではない題材を抱えた作品だと、まず思いました。

 恋をするって、愛に気付かされるって、残酷ながら美しく、素敵なことだなと改めて感じることが出来る、そんな作品だと、僕らは思います。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?