メーガン妃&ヘンリー王子、海兵隊の基地を密かに訪問

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ヘンリー英王子とメーガン妃が海兵隊基地を極秘訪問、兵士と家族と交流。
  • 訪問目的は兵士の子どもたちを支援するNPOの活動について話し合うことだった。
  • NPOは2004年設立で兵士の子ども3000人超を支援し、全米30か所に事務所を持つ。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

メーガン妃&ヘンリー王子、海兵隊の基地を密かに訪問

メーガン妃&ヘンリー王子、海兵隊の基地を密かに訪問(C)AFLO

英王室を離脱し、米カリフォルニアを拠点に独自の活動を行っているヘンリー王子とメーガン妃。この度極秘でカリフォルニア州サンディエゴにあるキャンプ・ペンドルトン・ノースを訪問したようだ。

 Peopleによると、現地時間11月8日、夫妻のチャリティ財団アーチウェル基金が、同日朝に夫妻が基地を訪問したことを発表。「退役軍人や現役の兵士、彼らの家族たちと過ごしました」と明らかにしたそうだ。

 基地で夫妻は、現役・退役含む、軍人の子どもたちを支援する初めての組織、Operation Bigsを訪問し、彼らが提供するメンター制度について話し合ったという。

 アーチウェル基金のウェブサイトによると、Operation Bigsは2004年に設立されたもので、「若者や家族を結び、彼らが自分たちの経験や、親の派遣中や帰国後に直面する困難について、共有できるよう促すもの。設立以来、海兵隊と海軍に所属する兵士の子どもたち、3000人以上に支援を行い、全国30か所に支所がある」そうだ。

 ヘンリー王子はイギリス陸軍で10年に渡って軍務を務め、2度のアフガニスタン出征を経験。負傷兵のためのスポーツイベント「インビクタス・ゲーム」を創立し、退役兵士らを支援している。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?