『相棒 season22』、“名探偵マーロウ矢木”高橋克実が12年ぶりに登場!

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 相棒シリーズ第22弾では12年ぶりに名探偵マーロウ矢木が再登場する。
  • 17年前の眠り姫誘拐事件が殺人事件だった可能性が浮上し、特命係と矢木が協力する。
  • 矢木役の高橋克実は舞台で水谷豊・寺脇康文と共演した感触から、当時の自分を再現したいと語る。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

『相棒 season22』、“名探偵マーロウ矢木”高橋克実が12年ぶりに登場!

ドラマ『相棒 season22』第6話に出演する高橋克実(C)テレビ朝日

水谷豊主演ドラマ『相棒 season22』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)の第6話「名探偵と眠り姫」(11月22日放送)に、高橋克実演じる名探偵“マーロウ矢木”こと矢木明が12年ぶりに再々登場。“右京×薫コンビ”と17年ぶりの再会を果たす。

 2000年のシリーズ誕生以来、濃密で骨太なミステリーの数々を世に送り出し、“国民的ドラマ”という地位を確立した『相棒』。今シーズンは、再会2年目を迎える“伝説のコンビ”杉下右京(水谷)×亀山薫(寺脇康文)の新たな挑戦を描く。

 ハードボイルドに憧れる私立探偵・マーロウ矢木は、『season5』第10話「名探偵登場」(2006年12月13日)でシリーズ初降臨。その5年後、『season10』第11話「名探偵再登場」(2012年1月11日)で再び出現した。“さえない中年探偵と思わせておいて、実はなかなかのキレ者”という異色の設定が強烈なインパクトを残し、『相棒』ファンの間でも根強い人気を誇っているキャラクターだ。

 再々登場となる『season22』第6話は、警視庁の情報提供フォームに“17年前の誘拐事件の犯人は、自殺ではなく殺された”という謎の密告が舞い込んだところからスタートする。その誘拐事件とは、当時5歳だった老舗デパート創業一族の令嬢が元従業員にさらわれたもので、犯人によって睡眠薬で眠らされていたことから通称“眠り姫誘拐事件”と呼ばれていた。幸い彼女はすぐに救出され、犯人の自殺で事件は幕を閉じたが、もしや殺されていたのか―?

 しかもなぜか、情報提供者は“特命係 杉下右京殿へ”と右京を名指し。まるで挑戦状のような密告を受けて調べはじめた特命係は、美しく成長した令嬢が婚約お披露目パーティーを前に失踪したことを知る。しかも、どうやらマーロウ矢木が令嬢を連れ出したらしいことが判明し、特命係と名探偵がまたしても出会うことに…。

 矢木を演じる高橋克実は、オファーを受けたときの心境を「単純にめちゃくちゃうれしかったですね。“うわぁ~2023年は最高の年だな!”って大喜びしました」と打ち明け、「僕自身、矢木には入れ込んだ覚えがあり、忘れられないキャラクター。2回演じられただけでもうれしかったのですが、こうやってまた“縁”ができたのは本当に感無量です」と役柄への思い入れを語った。

 12年ぶりに演じるにあたって「マーロウ矢木がまとう“空気感”は貫かねばという思いがあり、以前の作品を見返しました。彼は優秀な男ですが、その部分はあまり見せず、かといってズッコケるわけでもない。カッコよさを追求し続ける人物なんですよね」と改めて原点に立ち返ったことも告白。

 また、今回着用したトレンチコートは2006年の「名探偵登場」撮影時から使用されてきたものであることも明かし、「自分としては、昔のままのマーロウ矢木として再々登場した気持ちです。あのころと変わらないように演じたつもりですが、いかがでしょうか!」と『相棒』ファンに語りかけている。

 ドラマ『相棒 season22』は、テレビ朝日系にて毎週水曜21時放送。

 高橋克実のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■高橋克実(矢木明役)

――およそ12年ぶりの出演ですが、オファーを受けたときのお気持ちを教えてください

 単純にめちゃくちゃうれしかったですね。今年は舞台で(水谷)豊さんや寺脇さんと4ヵ月間ほどご一緒していて、それがあまりに楽しかったので、終わった途端に“明日からどうしよう”とロスみたいな気持ちになっていたんです。そうしたら、久しぶりに『相棒』によんでいただき、“うわぁ~2023年は最高の年だな!”って大喜びしました。よくよく考えたら、右京×薫のコンビに会うのは17年ぶりで、そんなに前だったんだ…とちょっとビックリもしました。

――今回の脚本を読んだ感想を教えてください

 以前は単独行動が多くて特命係を引っかきまわす役どころだったのですが、今回は前の2本よりも2人とご一緒するシーンが多くてうれしかったですね。

 演じるにあたって、マーロウ矢木がまとう“空気感”は貫かねばという思いがあり、以前の作品を見返しました。彼は優秀な男ですが、その部分はあまり見せず、かといってズッコケるわけでもない。カッコよさを追求し続ける人物なんですよね。

 フィリップ・マ―ロウに憧れ、出で立ちも同じという矢木のキャラクターは、1作目の『名探偵登場』の演出を担当された、故・長谷部安春監督がほとんど作ってくださったんですよ。長谷部さんは数々のアクション映画や『探偵物語』など往年の名ドラマを撮った、偉大な監督。そんなスゴイ方が撮影中、僕のところに来ては、いちいち帽子のつばを直してくださいましてね…。だからこそ僕自身、矢木には入れ込んだ覚えがあり、忘れられないキャラクター。2回演じられただけでもうれしかったのですが、こうやってまた縁ができたのは本当に感無量です。

 実は、今回着用したコートは17年前の『名探偵登場』から使用してきたものなんです。奇跡的に残っていたんですよ。帽子はさすがに見当たらなくて、当時と同じ色と形のものをスタッフさんが探してきてくださいました。

――水谷豊さん、寺脇康文さんとの久々の共演はいかがでしたか?

 変かもしれませんが、テレビで『相棒』を見ているみたいでした。メークのとき普通におしゃべりしていても、豊さんが眼鏡をかけて部屋から出てきた瞬間、完全に右京さんになっているんですよ。さらに、寺脇さんがMA‐1を羽織った瞬間、お2人からものすごいコンビ感があふれ出てきて、これはさすがだなと思いました。

 あと、お2人は現場でのあり方が素晴らしいんです。豊さんも寺脇さんもそれぞれ朝、スタッフのみなさん全員に順番に挨拶するのですが、あれで現場のテンションがぐんと上がるんです! 本当にマジックを見ているようでしたよ。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします

 自分としては、昔のままのマーロウ矢木として再々登場した気持ちです。あのころと変わらないように演じたつもりですが、いかがでしょうか! 時間は経っていますが、豊さんも寺脇さんも変わらないので、そのあたりをいちばん見ていただきたいですね。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?