『隣人X』“X疑惑”上野樹⾥&記者・林遣都の出会いシーンが公開 著名人コメントも到着

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 上野樹里が主演し林遣都が共演する映画『隣人X』から主人公と記者の出会いシーンが解禁された。
  • 著名人から映画を高く評価するコメントが多数寄せられた。人間と見分けがつかない惑星難民Xについて社会がパニックに陥る様子が描かれる。
  • 12月1日から全国公開される本作はSF設定の下、他者や自分自身を見つめ直す機会を与えてくれる優れた作品だと評された。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

『隣人X』“X疑惑”上野樹⾥&記者・林遣都の出会いシーンが公開 著名人コメントも到着

映画『隣人X ‐疑惑の彼女‐』場面写真(C)2023 映画「隣人X 疑惑の彼女」製作委員会 (C)パリュスあや子/講談社

上野樹里が主演し、林遣都が共演する映画『隣人X ‐疑惑の彼女‐』より、“X疑惑”のある良子(上野)と記者(林)の出会いのシーンが解禁。また、著名人からのコメントが到着した。

 本作は、第14回小説現代長編新人賞を受賞したパリュスあや子の小説『隣人X』を、7年ぶりの映画主演となる上野と初共演となる林で映画化。人間の姿をした“惑星難民X”をめぐる異色のミステリーロマンスだ。

 紛争のため故郷を追われた惑星難民Xが世界にあふれ、各国がその対処に苦慮していた。いち早く受け入れを発表した米国に追随し、日本も受け入れを決定。人間の姿をそっくりコピーして日常に紛れ込んだXがどこで暮らしているのか、誰も知らない。社会には不安や動揺が広がり、誰もが隣にいるかもしれないXを見つけ出そうと躍起になっている。

 そんな中、週刊誌記者の笹憲太郎はX疑惑のある柏木良子の追跡を始める。スクープのために自身の正体を隠しながら徐々に良子へ近づいていく笹。ふたりは少しずつ距離を縮め、やがて笹の中に本当の恋心が芽生えるが、良子がXかもしれないという疑いを拭いきれずにいた。果たして良子は本当にXなのか?

 解禁された本編映像は、宝くじ売り場に勤める良子が、「もう1回見てくれよ!!」とハズレクジを持ち込んできた客に言いがかりをつけられているシーンから始まる。良子に近づくタイミングを見計らっていた笹は、怯えていた良子を見かねて助けに入る。良子は「ありがとうございました、助かりました」と笹にお礼を言うのみで会話が続かない。

 焦った笹は「何か食べたいものはないですか? ご馳走します。一緒に食事がしたくて」と誘うも、良子は名前も素性も分からない男性からの急な誘いに戸惑い断る。引き下がれない笹は、「スクラッチ買うので、当たったら食事してください」という口説き方で交渉に出る。果たしてスクラッチの結果はいかに? 笹の少々強引な誘いに良子はどう答えるのか?

 11月8日に行われた本作の完成披露舞台あいさつでは、上野と林、2人と10数年ぶりのタッグを組んだ熊澤尚人監督が登壇した。いち早く本作を鑑賞した観客からは、「普段と違う時間の電車に乗ったらXがいそうでドキドキする」「Xという謎な設定を通して、人との関わりや自分自身のことについて色々考えさせられました」などの感想が飛び交い、大いに盛り上がった。

 さらに、本作を鑑賞した各界著名人から絶賛のコメントが到着した。直木賞受賞した『恋歌』の作者・朝井まかては、「Xは、問いかけてくる。誰が誰を傷つけているのか、何を信じて生きるのか、そして、〈存在〉への愛というものを。­­余韻の深い映画です」と言葉を寄せる。

 3年連続本屋大賞にノミネートされた⻘山美智子は、「この作品がSFではなく実話だとしても、私は驚かない。描かれている憤りも希望も、目の前の社会であり日常そのものだと思った。そして自分はいったい誰なのかと考えた。人を愛する時、それが何ひとつ意味をなさないことも」と、深い感動と共感を述べた。

 『小さいおうち』で直木賞を受賞した中島京子も、「奇妙な設定だけど、扱われるのはとても普遍的なテーマ。『知らない』怖さを乗り越えた先にある、お互いを『知る』『わかる』ことの大切さとあたたかさを受け取りました」と感想を述べている。

 そのほかにも、ライターでコラムニストのブレイディみかこ、翻訳者でラジオパーソナリティでもあるキニマンス塚本ニキや、『マイスモールランド』の川和田恵真監督、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子からもコメントが届いた。

 映画『隣人X ‐疑惑の彼女‐』は、12月1日より全国公開。

※著名人のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■朝井まかて(小説家)

Xは、問いかけてくる。誰が誰を傷つけているのか、何を信じて生きるのか、そして、〈存在〉への愛というものを。­­余韻の深い映画です。

■中島京子(小説家)

奇妙な設定だけど、扱われるのはとても普遍的なテーマ。「知らない」怖さを乗り越えた先にある、お互いを「知る」「わかる」ことの大切さとあたたかさを受け取りました。

■ブレイディみかこ(ライター・コラムニスト)

私たちはみな、見知らぬ他者にとってはよそから来た人に見える。だけど心の目で見るとき、よそ者は隣人に変わる。

■キニマンス塚本ニキ(翻訳者・ラジオパーソナリティ)

この映画は混沌とした社会を生きる私たちのリトマス紙だ。誰を疑うか、誰を信じるか。あるいは、その選択肢自体が罠かもしれない。

■川和田恵真監督(映画監督)

偏見と差別の海のなか、外国人留学生と日本の若者がそれぞれの音楽を聴かせ合う時間が光だった。よそ者が怖いと言う自分も、誰かにとっては危険なよそ者かも知れないことに思い巡らせてほしい。

■辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

Xは私たちが隠している本性やドロドロしたものを浮き上がらせ、解放するためにやって来たのかもしれません……。炎上や策略、捏造、裏切りなどの毒出しのあと、最後に残るのはたぶん隣人愛です。

■今祥枝(ライター・編集者)

自分たちと同じ姿をした惑星難⺠Xの存在に怯える人々。救いを求める他者を“異物”とみなす排他的な空気は、現代の日本社会にも蔓延している。だが、良子と笹の物語はマジョリティとして自らが“他者”となり得る可能性を想像することの難しさを突きつける。私は彼らを、笹を非難できるのだろうか。『隣人X』には、今の時代に必要なメッセージが詰まっている。

■⻘山美智子(小説家)

この作品がSFではなく実話だとしても、私は驚かない。描かれている憤りも希望も、目の前の社会であり日常そのものだと思った。そして自分はいったい誰なのかと考えた。人を愛する時、それが何ひとつ意味をなさないことも。

■泊貴洋(ライター)

『隣人X』は、未知のウィルスによってパニックに陥った、現実世界の映し鏡のよう。そこにリアリティーを与えているのが、『恋する寄生虫』や『VIVANT』などのフィクションに真実味を持たせてきた林遣都の迫真の演技。そして、上野樹里の“どちらにも見える”自然体の演技に目が離せなくなる。『ユリゴコロ』で才気を見せた熊澤尚人監督の演出も冴え、想像を遥かに超える見応え。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?