岡山天音主演『笑いのカイブツ』本予告解禁! 共演の仲野太賀、菅田将暉らとの人間模様も明らかに

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 岡山天音が主演の映画『笑いのカイブツ』の本予告とビジュアルが解禁された。
  • ツチヤ(岡山)は常識から逸脱した行動で周囲と理解されずに淘汰されるが、西寺(仲野)の声かけで漫才の制作を始める。
  • ツチヤは笑いへの情熱を貫こうとする一方、自分の在り方とは異なる常識社会との葛藤も内面で味わうことになる。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

岡山天音主演『笑いのカイブツ』本予告解禁! 共演の仲野太賀、菅田将暉らとの人間模様も明らかに

映画『笑いのカイブツ』本ビジュアル(C)2023「笑いのカイブツ」製作委員会

岡山天音が主演し、菅田将暉や仲野太賀らが共演する映画『笑いのカイブツ』より、本予告と本ビジュアルが解禁された。

 原作は“伝説のハガキ職人”ツチヤタカユキ氏による同名私小説。笑いにのみ人生をささげる実在の人物の痛いほどに純粋で激烈な半生を、本作で長編商業映画デビューを果たす滝本憲吾監督が映画化する。主人公のツチヤを岡山が演じるほか、仲野太賀、菅田将暉、松本穂香、片岡礼子らが共演する。

 何をするにも不器用。人間関係も不得意なツチヤタカユキの生きがいは、「レジェンド」になるためテレビの大喜利番組にネタを投稿すること。狂ったように毎日ネタを考え続けて、6年。実力が認められてお笑い劇場の作家見習いになるが、笑いだけを追求し、常識から逸脱した行動をとるツチヤは周囲から理解されずに淘汰(とうた)されてしまう。自暴自棄になりながらも笑いを諦め切れず、ラジオ番組にネタを投稿する“ハガキ職人”になると、次第に注目を集め、尊敬する芸人から声が掛かるが―。

 本予告は、アルバイト中にも関わらず、ネタ投稿をしている大喜利番組をイヤホンで聞き、人目もはばからずに大きなリアクションをとる“笑いに取りつかれた”主人公ツチヤ(岡山)の姿から幕を開ける。

 続いて、そんな笑いに猛進するツチヤを面白がるピンク(菅田)、ツチヤの努力を素直に尊敬するミカコ(松本)に加え、ネタを投稿していたラジオ番組で「漫才を作りたいね、ツチヤと。一緒に漫才作りましょう!」と呼びかける憧れの芸人・ベーコンズの西寺(仲野)など、必死で笑いに食らいついてきたツチヤの運命を変える人物たちが映し出される。

 大喜利投稿、ハガキ職人、構成作家と、様々な経験を積んできたツチヤの才能と努力を認めた芸人・西寺のもとでラジオ番組の作家見習いとして働き始めるツチヤだったが、人間関係が不得意ゆえに、周りの先輩作家やスタッフから厳しい視線を浴びることに。努力はできても器用になれず、自身の価値観とは相いれない常識に直面し「やるだけやって、燃え尽きたらそれまでじゃ。その先に何があんねん」と葛藤し、泣き叫ぶツチヤ。それでも自分の信じる笑いを貫くツチヤに、寄り添う西寺、ピンク、ミカコ、おかん(片岡)。ツチヤと彼を取り巻く人々との心揺さぶる展開を予感させる、エモーショナルな予告となっている。

 本ビジュアルは、“あの頃、何者かになりたかった全ての人へ――。笑いに取り憑かれた男の、魂震わす衝撃の実話。”というコピーと共に、夢も地獄も両方味わったような潤んだ瞳で前を見つめるツチヤを切り取ったもの。さらに、下部にはツチヤを取り巻く登場人物たちに加え、東京タワーや道頓堀など作品の舞台や、ラジオや表彰状などツチヤに影響を与えたアイテムも配されている。笑いに人生を捧げた男・ツチヤを待ち受けるものとは果たして。衝撃の実話から生まれた圧倒的な人間ドラマに期待が高まるビジュアルとなっている。

 映画『笑いのカイブツ』は、2024年1月5日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?