二宮和也&中谷美紀&大沢たかお、『ONE DAY』ドラマ前日譚を描くエピソード0出演! TVerで配信

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ドラマ『ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜』のスピンオフエピソードである『エピソード0』がTVerで11月20日に配信される。
  • このエピソードでは、事件が起きる前日に主人公三人がどのように過ごしていたのかが描かれる。
  • 誠司はマフィアの事務所にいる時、着信があり予想外の出来事が巻き起こる一方、時生は店で食事をするが誰かが訪れる。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

二宮和也&中谷美紀&大沢たかお、『ONE DAY』ドラマ前日譚を描くエピソード0出演! TVerで配信

スピンオフドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~エピソード0』に出演する(左から)大沢たかお、二宮和也、中谷美紀(C)フジテレビ

二宮和也、中谷美紀、大沢たかおのトリプル主演によるドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)のスピンオフドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~エピソード0』が、TVerにて11月20日21時54分(※第7話放送直後)より配信される。

 『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~』は、人々が思い思いに過ごすクリスマスイブの1日を1クールかけて描く、謎と愛と奇跡の物語。

 別の人生を歩む3人の男女の物語が並行して進んでいき、次第に運命の交錯を果たす。殺人容疑を掛けられた記憶喪失の逃亡犯・勝呂寺誠司(二宮)、創業以来最大のピンチに見舞われるシェフ・立葵時生(大沢)、そして、突然降板を言い渡された失意の報道キャスター・倉内桔梗(中谷)。聖夜に浮かれる世相を背に、横浜の街角で絶望の淵に立つ3人の主人公たち。聖夜が終わる時、彼らがたどり着く場所とは…?

 本編はクリスマスイブを目前に控えた12月23日深夜、記憶喪失の誠司が息絶えた男の前で目を覚ますところから始まったが、エピソード0は、事件が巻き起こる前日に彼らがどのように過ごしていたのかを描く。主演の二宮、大沢、中谷をはじめ、中川大志、桜井ユキ、梶原善らが出演する。

 誠司は記憶喪失になる前、横浜を拠点に暗躍するマフィア・アネモネの事務所にいた。長い付き合いとなるアネモネ2代目ボス・笛花ミズキ(中川大志)と談笑しながら、翌日に迫る“失敗は許されない取引”について話す。取引の成功を祈りながらも不安を隠せないミズキに「大丈夫」と優しく声をかける誠司。すると誠司のスマホが鳴り、着信の画面にとある人物の名前が…。

 一方その頃、老舗洋食屋「葵亭」では、ギャルソンの蛇の目菊蔵(栗原英雄)、アルバイトの細野一(井之脇海)は外出中、店に残った時生とソムリエールの竹本梅雨美(桜井ユキ)は、クリスマスディナーの支度が本格的に忙しくなる前に、看板メニューのビーフシチューをまかないで食べることに。美しく盛られたビーフシチューを食べようとしたその時、店のチャイムが鳴り、そこから予想外の出来事が次々と巻き起こる。

 報道番組『日曜NEWS11』のキャスターを5年間背負ってきた桔梗は、この後、番組の打ち切りを言い渡されることになるなど知るはずもなく、来年の放送に向けて資料の山と格闘中。5年たってなお、初心を忘れず熱心に働く桔梗に感心する国枝茂雄(梶原善)だが、桔梗もまた国枝には感謝の気持ちがあり…。

 プロデュース・佐々木萌(フジテレビ ドラマ・映画制作部)は、「怒とうのクリスマスイブを迎える登場人物が、前日にはどんな1日を送っていたのか…。そこには、この数時間で失ってしまう<記憶><デミグラスソース><番組>が確かにあり、そしてそれが当たり前だと思っていた彼らがいます。そんな日常の中で、ドラマ本編では描き切れないそれぞれの関係性が垣間見える作品になりました。また、本編とリンクする伏線も散りばめられておりますので、ぜひ本編と見比べながらご覧いただければと思います」とコメントしている。

 スピンオフドラマ『ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~エピソード0』は、TVerにて11月20日21時54分(※第7話放送直後)より配信。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?