『ただいま、おかえり』2024年アニメ放送・配信へ! 監督・構成は『佐々木と宮野』制作陣

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 原作コミック「ただいま、おかえり」が2024年にアニメ化されることが発表された。
  • 監督は「佐々木と宮野」シリーズで知られる石平信司、シリーズ構成は中村能子が担当する。
  • アニメイト池袋3号店では、アニメコラボカフェも期間限定開催され、原作者いちかわ壱からアニメ化に対する喜びのコメントもあった。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

『ただいま、おかえり』2024年アニメ放送・配信へ! 監督・構成は『佐々木と宮野』制作陣

アニメ『ただいま、おかえり』キービジュアル(C)いちかわ壱・ふゅーじょんぷろだくと/ただおか製作委員会

2024年にアニメ化が発表されている、原作・いちかわ壱『ただいま、おかえり』(ふゅーじょんぷろだくと刊)から、本日11月22日(いい夫婦の日)にちなんでアニメキービジュアル第1弾が到着。スタッフ情報も一部解禁された。

 『ただいま、おかえり』は「オメガバースプロジェクト」にて、シリーズ累計360万部を突破した大人気連載中の漫画。藤吉家の団らんや、彼らを取り巻く大切な人々との成長、葛藤、恋愛模様などを丁寧に描くハートフルドラマ。愛する夫・藤吉弘と結ばれて専業主夫になった藤吉真生。もうすぐ2歳になる息子・輝も授かり、郊外の街に引っ越してきた。格差婚という世間からの偏見もあり、自分に自信が持てない真生。不安や悲しみに囚われる時もあるが、弘と輝の支えで、少しずつ強くなっていく。昨日よりももっと「家族」になる。優しい気持ちを運ぶ藤吉家の団らんを描く。

 この度、主人公一家である、藤吉弘・真生・輝の3人が仲睦まじく笑っているキービジュアル第1弾が解禁され、アニメ制作スタッフも一部解禁となった。『佐々木と宮野』シリーズの制作陣である、監督・石平信司、シリーズ構成・中村能子、制作会社・スタジオディーンに加え、『アイ★チュウ』や『ギヴン』などで知られる大沢美奈をキャラクターデザインに迎える。

 放送、および配信は2024年を予定している。これを記念して、原作者・いちかわ壱からもお祝いコメントとイラストが到着! いちかわは「『ただいま、おかえり』がアニメになります! 今まで応援してくださった読者の皆様、関わってくださったすべての皆様のおかげで、夢にすら見たことのないご縁を頂けました。いまだに夢のようです、本当に有難うございます…!」と喜びを語り「日常にある小さなあたたかさを集めよう…そんな原作の思いを、スタッフの皆様、キャストの皆様が汲んでくださり、あたたかさを大事に制作に取り組まれています。藤吉家と仲間たちに命が吹き込まれることで、彼らをより身近に、皆様にとってのご近所さんのように感じていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!」と視聴者に呼びかけた。

 さらに、アニメイト池袋3号店では、本日10時からアニメコラボカフェもオープンし、本カフェ限定のアニメオリジナル描き下ろしイラストも公開。期間中、コラボメニューやコラボグッズを一定金額以上購入いただいた方を対象に「おなまえカードプレゼントキャンペーン」も開催される。開催期間は本日から12月18日まで、全日程webでの抽選予約が必要となる。

 アニメ『ただいま、おかえり』は、2024年放送・配信予定。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?