石原さとみ主演『ミッシング』、中村倫也、青木崇高ら追加キャスト発表 コメント到着

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 石原さとみ主演の新作映画『ミッシング』に中村倫也らが追加キャストとして起用された。
  • 映画は、娘が不審な失踪をする母親の奮闘と、地元テレビ局記者の取材を描く。
  • キャストからは作品への想いと、視聴者へのメッセージが発表された。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

石原さとみ主演『ミッシング』、中村倫也、青木崇高ら追加キャスト発表 コメント到着

映画『ミッシング』に出演する(上段左から)青木崇高、中村倫也、森優作、(下段左から)小野花梨、細川岳(C)2024「missing」Film Partners

石原さとみが主演を務める吉田恵輔監督最新作『ミッシング』の追加キャストとして、中村倫也、青木崇高、森優作らの出演が決定。キャストからコメントが到着した。

 本作は『空白』『ヒメアノ〜ル』の吉田監督が脚本も手掛けた感動作。雑音あふれる世の中で生きる私たちが抱える問題をえぐり出し、失ってしまった大切なものを取り戻していく人々の姿を、リアルにかつ繊細に描く。出産を経て母となった石原が「今だからできる」と語り、これまでのイメージを一新させる新境地に体当たりで挑んだ。

 とある街で起きた幼女の失踪事件。あらゆる手を尽くすも、見つからないまま3ヵ月が過ぎていた。娘・美羽の帰りを待ち続けるも少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る母・沙織里は、夫・豊との温度差から、夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。

 そんな中、娘の失踪時、沙織里が推しのアイドルのライブに足を運んでいたことが知られると、ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷の標的となってしまう。世の中にあふれる欺瞞や好奇の目にさらされ続けたことで沙織里の言動は次第に過剰になり、いつしかメディアが求める“悲劇の母”を演じてしまうほど、心を失くしていく。

 一方、砂田には局上層部の意向で視聴率獲得のために、沙織里や、沙織里の弟・圭吾に対する世間の関心を煽るような取材の指示が下ってしまう。それでも沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心で、世の中にすがり続ける―。

 このたび、個性あふれるキャスト陣が一斉解禁された。

 娘が失踪した家族の取材を真摯に続ける地元テレビ局の記者・砂田役に中村倫也。「理想と現実を同じ地平に存在させることは難しい。そんな一筋縄では行かないもどかしさを乗せて、砂田という役を演じました」と本作での撮影を振り返り、「この作品でそっと置かれている、人間の美しさが私は好きです」と語った。

 妻・沙織里との温度差から夫婦喧嘩が絶えなくなる夫・豊役に青木崇高。「『この夫婦に、これからも希望の光がさし続けますように』。撮影が終わり、役柄から離れても、そう願っている自分がいます」と演じた役柄への熱い想いを語り、「この映画が人の心に優しく寄り添えるものになって欲しいです」とコメントを寄せた。

 心が見えなく何を考えているのか分からない怪しげな沙織里の弟・圭吾役に森優作。「いろんな情報が錯綜している社会で、日々、個人の価値観が揺らぎ、知らず知らずの内に、物事に対する白黒を簡単につけすぎているのではないか、と感じます。その色と色の狭間には何が在るのか、この作品は懸命に見つめています」と作品を語り、「自分が演じた土居圭吾は、今もずっと心にいます」と役に対する思いも語った。

 キー局を受けるも全滅してローカル局に入社した新人記者で砂田の後輩・三谷役に小野花梨。「目を背けたくなるけど目が離せない。そんな石原さとみさんの佇まいと作品のエネルギーに圧倒されました」と語り、「作品の一部になれて幸せでした」と出演の喜びを明かした。

 飄々(ひょうひょう)とした態度で取材中も緊張感がないカメラマン・不破役に細川岳。「『美しい』と思う瞬間が何度もあった。そういう瞬間にこそ自分勝手な日常から立ち止まることができるし、人を想うことができるのではないかと感じさせられた。実際そうだと思った」と語り、「強さとはなんだろうか、強くないといけないのだろうか。喪失の先にある未来に光があると信じたい」と思いを寄せた。

 そのほか、失踪してしまう沙織里の娘・美羽役に有田麗未(ありた・つぐみ)。砂田の上司でテレビ局の番組デスクを演じるのは小松和重。沙織里の弟・圭吾の職場の先輩役にカトウシンスケ。砂田の後輩記者・駒井役に山本直寛。失踪事件の担当刑事・村岡役に柳憂怜。沙織里と圭吾の母親役に美保純が扮する。

 映画『ミッシング』は2024年全国公開。

 中村、青木、森、尾野、細川のコメント全文は以下の通り。

※吉田恵輔監督の「吉」は「つちよし」が正式表記

<コメント全文>

■中村倫也

 理想と現実を同じ地平に存在させることは難しい。そんな一筋縄では行かないもどかしさを乗せて、砂田という役を演じました。この作品でそっと置かれている、人間の美しさが私は好きです。お楽しみに。

■青木崇高

 「この夫婦に、これからも希望の光がさし続けますように」。撮影が終わり、役柄から離れても、そう願っている自分がいます。この映画が人の心に優しく寄り添えるものになって欲しいです。

■森優作

 いろんな情報が錯綜している社会で、日々、個人の価値観が揺らぎ、知らず知らずの内に、物事に対する白黒を簡単につけすぎているのではないか、と感じます。その色と色の狭間には何が在るのか、この作品は懸命に見つめています。自分が演じた土居圭吾は、今もずっと心にいます。より多くの方に何かが少しでも届くことを願っています。よろしくお願いします。

■小野花梨

 目を背けたくなるけど目が離せない。そんな石原さとみさんの佇まいと作品のエネルギーに圧倒されました。作品の一部になれて幸せでした。

■細川岳

 どこまで続くか分からない苦しみに胸を締め付けられながらも、そっとさしこむ光や風景、そこで生きる人の姿にはっとさせられた。「美しい」と思う瞬間が何度もあった。そういう瞬間にこそ自分勝手な日常から立ち止まることができるし、人を想うことができるのではないかと感じさせられた。実際そうだと思った。強さとはなんだろうか、強くないといけないのだろうか。喪失の先にある未来に光があると信じたい。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?