橋本愛主演『熱のあとに』来年2月2日公開決定 愛したホストを刺し殺そうとした女の“愛の形”とは

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 橋本愛が主演する『熱のあとに』が2024年2月2日公開される。
  • 主人公が愛したホストを刺し殺そうとした過去があるが、今は別の男と結婚し続ける。
  • 過去の影が澱み続ける中、主人公は自分の在り方を見つめ直す旅に出る。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

橋本愛主演『熱のあとに』来年2月2日公開決定 愛したホストを刺し殺そうとした女の“愛の形”とは

映画『熱のあとに』メインビジュアル(C)2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisha

橋本愛が主演し、仲野太賀と木竜麻生が共演する山本英監督最新作『熱のあとに』が、2024年2月2日に劇場公開されることが決定。メインビジュアルと追加キャストが解禁された。

 本作は、過去に愛した恋人を刺し殺そうとした主人公・沙苗が、数年の服役後、別の男との結婚を経て、もがきながらも愛し方を模索していく物語。主人公・沙苗のキャラクターは、2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件から着想を得ている。

 愛したホスト・隼人を刺し殺そうとした過去を持つ沙苗(橋本)。事件から6年後、自分の過去を受け入れてくれる健太(仲野)と結婚し、平穏な日常を送っていた矢先、謎の隣人・足立(木竜)が現れる。足立が抱える秘密、隼人の影に翻弄されながらも、沙苗が選んだ“愛し方”の結末とは――。

 この度解禁されたメインビジュアルでは、沙苗と健太が湖畔にたたずみ、力強い眼差しでこちらを見つめる姿が映し出されている。物語の鍵を握る謎の隣人・足立のミステリアス横顔も配置され、「その愛は、本物ですか?」という挑発的なコピーが観客に問いかけてくる印象的なビジュアルだ。

 また、山本英監督の商業デビュー作を彩る追加キャストが発表された。沙苗の母親・多美子を演じるのは、映画やドラマをはじめ数多くの作品に出演している坂井真紀。娘の幸せを切に願い、健太と出会うきっかけとなるお見合いに同席する母親を演じる。沙苗が通うメンタルクリニックのカウンセラー・藤井を演じるのは、女優の他、舞台演出家としても活動している木野花。沙苗の切実な言葉1つ1つを真正面から受け止める。

 また、林業に従事する健太の同僚・美紀を演じるのは、雑誌「POPEYE」のガールフレンド特集号の表紙を飾り、注目を集めた鳴海唯。沙苗が過去に殺そうとしたホスト・隼人を、今映画やドラマに引っ張りだこの水上恒司が演じ、実力派俳優陣が唯一無二の愛の物語に命を吹き込む。

 映画『熱のあとに』は、2024年2月2日より全国公開。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?