木村多江、門脇麦主演『厨房のありす』で大森南朋の元同僚の化学者役

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 門脇麦と木村多江出演の日曜ドラマ『厨房のありす』が1月より放送スタート。
  • 主人公の自閉スペクトラム症の料理人・八重森ありすを演じる門脇。木村は五條蒔子役を演じる。
  • 蒔子はありすの父親・心護の元同僚で、過去の真実と彼女の関係がこの物語のカギを握る。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

木村多江、門脇麦主演『厨房のありす』で大森南朋の元同僚の化学者役

ドラマ『厨房のありす』に出演する木村多江(C)日本テレビ

2024年1月よりスタートする門脇麦主演ドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、木村多江の出演が決定。物語の重要なキーパーソンである五條蒔子を演じる。

 舞台演出家、映画監督でもある玉田真也がオリジナル脚本を手がけた本作は、生きづらさを抱える人々が織りなす、少し切なくて温かい“新時代のハートフル・ミステリー”。

 門脇が演じる主人公は、「料理は化学です」が口癖の自閉スペクトラム症の料理人、八重森(やえもり)ありす。自閉スペクトラム症の特性から、頑固でこだわりが強く、人とのコミュニケーションは苦手。しかし、驚異的な記憶力の持ち主で、特に大好きな化学においては膨大な知識を持ちあわせている。食材の栄養素や調理工程の化学変化の知識から、それぞれの客に合った、おいしくて癒やされる“やさしいごはん”を作り出す天才料理人だ。

 そんなありすの料理店「ありすのお勝手」にアルバイトとして転がり込む謎の青年・酒江倖生(さかえ・こうせい)役には永瀬廉。一見、すれていて無愛想な倖生だが、根は心優しく、ありすの行動や言動に戸惑いながらも、徐々に寄り添い、支えるようになっていく。

 そして、ありすの父親で有機化学を教えるゲイの大学教授・八重森心護(やえもり・しんご)役を演じるのは大森南朋。3歳でありすを引き取り、大きく深い愛情でありすを見守り育ててきた“ゲイのお父さん”心護の思いとは…?

 木村多江が演じるのは、大手製薬会社・五條製薬CEOの娘で、新薬の開発に情熱を注ぐ創薬化学者・五條蒔子。真面目で責任感の強い女性で、愛妻家の夫は、父の後継者として次期CEOに内定している。そして蒔子は、主人公・八重森ありす(門脇)のゲイの父親・心護(大森)の元同僚でもある。

 しかし心護は、25年前にとあるきっかけで五條製薬を退職し、大学の研究室へ。心護が大学へ戻った理由とは…? また、蒔子とありすの関係とは…? 物語の重要なキーパーソンである蒔子。彼女が知る、ありすの過去とは…。

 木村は「面白い作品を生み出す制作陣と、またご一緒できることがとても嬉しいです。今回、演じる蒔子さんは理系の研究者。私は理系の頭を全く持ち合わせていない文系タイプですが、ミステリーの部分で、どう彼女が関わっていくのか私自身も今から楽しみです。ありすちゃんの作るおいしいご飯が出てくるシーンがたくさんあると思います。そこに参加してキャストの方々と一緒に食べたい! そんなシーンがあると良いなぁという個人的願望です(笑)」と期待を口にする。

 そして「それぞれが思いやりながら、助け合いながら生きている愛おしい人たち。心温まりながらも、隠されたミステリーが! 新年、このドラマをみなさまと一緒に、楽しめたら嬉しいです」とコメントしている。

 日曜ドラマ『厨房のありす』は、日本テレビ系にて2024年1月より毎週日曜22時30分放送。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?