花澤香菜、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』出演 すずが出会う遊郭の女性役

花澤香菜、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』出演 すずが出会う遊郭の女性役

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(左から)テルを演じる花澤香菜とテルのキャラクタービジュアル(C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

声優の花澤香菜が、12月に公開される映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に出演することが決定した。すず(のん)が出会う遊郭の女性を演じる。

 本作は、2016年11月12日の劇場公開以来、1日も途絶えることなく映画館での上映が続けられているアニメーション映画『この世界の片隅に』に、約30分の新規シーンを付け加えた作品。主人公・すず(のん)と、すずが迷い込んだ遊郭で出逢う同世代の女性・リン(岩井七世)との交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードが追加され、さらに、すずが妹・すみ(潘めぐみ)を案じて過ごす中で迎える20年9月の枕崎台風のシーンなども描かれる。新しい登場人物や、これまでの登場人物の別の側面なども描写し、彼女たちの心の奥底で揺れ動く複雑な想いが映し出されることによって、すずはより大人な印象になるという。

 今回発表されたのは、すずが遊郭で出会うもう1人の女性で九州出身のテルの声優。この役を、映画『言の葉の庭』や『はたらく細胞』などの話題作に出演し、数々のTVアニメ・劇場アニメに出演している人気声優の花澤香菜が担当する。花澤は「観て…というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした。原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように!」とコメントしている。

 さらに、今回の発表にあわせ、テルの本編シーンの映像も解禁。手に息を吹きかけて寒さをこらえながら南の島の絵を描いてあげるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ…」と九州の方言でうれしそうに話しかけるテルの切なくも愛らしい姿と声が映し出され、いったいこの言葉の奥にはどんな想いが込められているのか、続報にも期待が湧く映像となった。

 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)