広瀬すずがピンクヘアのデスメタル女子に! 『一度死んでみた』特報&ビジュアル解禁

広瀬すずがピンクヘアのデスメタル女子に! 『一度死んでみた』特報&ビジュアル解禁

映画『一度死んでみた』第1弾ポスタービジュアル(C)松竹 フジテレビジョン

女優の広瀬すずが初めてコメディに挑戦し、俳優の堤真一、吉沢亮と共演する映画『一度死んでみた』より、特報映像と第1弾ポスタービジュアルが解禁された。朝ドラの清純ヒロインから一転、広瀬のピンクヘア&デスメタル女子姿が描かれている。

 本作は、仮死状態となった父・計(堤)を陰謀から守るため、父親が大嫌いな女子大生の七瀬(広瀬)が立ち上がる、笑いと感動のハートフルS・F(死んだ・ふり)コメディ。ソフトバンクCM「白戸家」シリーズを世に送り出したCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本を担当し、au/KDDIのCM「au三太郎」シリーズを手掛ける浜崎慎治が初めて映画のメガホンを取る。

 売れないデスメタルバンドでボーカルをしている女子大生の七瀬(広瀬)は、父・計(堤)のことが大嫌いな反抗期こじらせ女子。バンドのライブで「一度死んでくれ!」と計への不満をシャウトしていたある日、計が突然死んでしまったとの知らせが。実は“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだためで、実際は仮死状態にあり2日後に生き返るはずなのだが、彼をそのまま亡き者にしようという陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。

 大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下で存在感のなさすぎる松岡(吉沢)と共に立ち上がることを決意。火葬までのタイムリミットは2日間。果たして七瀬たちは無事に計を生き返らせることができるのか…。

 特報は、七瀬が死亡した計の顔を見て「なにこの顔?」とリアクションするシーンからスタート。広瀬が「今死んだらぶっ殺すわよ!」と叫んだりデスポーズやハイキックをする姿や、堤のペッタリした七三分けととぼけた表情で変人度たっぷりの“クソオヤジ”姿、さらに吉沢の長い前髪とメガネ姿でかつてなく存在感が無さすぎる姿が映し出され、豪華キャスト3人の一癖も二癖もある個性的なキャラクターが垣間見える映像となった。

 第1弾ポスタービジュアルは、「生き返れ!クソオヤジ!!」とのキャッチコピーとともに、背後から吉沢につかみかかりながら前に乗り出す広瀬、完全に困り顔の吉沢、そんな2人の後ろで幽霊のごとく佇む堤が描かれ、これから巻き起こる大騒動を予感させるビジュアルに仕上がった。併せて、広瀬が睨むような目線でデスポーズを決めているチラシ裏ビジュアルも解禁されている。

 映画『一度死んでみた』は2020年3月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)