ボロボロになっても音楽は止めない『マイ・フーリッシュ・ハート』場面写真一挙解禁

ボロボロになっても音楽は止めない『マイ・フーリッシュ・ハート』場面写真一挙解禁

映画『マイ・フーリッシュ・ハート』場面写真(C)2018(PUPKIN)‐ VPRO

1988年に他界したジャズ界のレジェンド、チェット・ベイカーの知られざる最期の数日間を映画化した『マイ・フーリッシュ・ハート』より、場面写真が解禁。ウェストコースト・ジャズのスーパースターから、孤独なジャンキーへと堕ちていき心身共にボロボロになっても、決して音楽を止めることはなかったチェットの姿が切り取られている。

 1950年代のジャズ・シーンに彗星のごとく現れ、トランペットの清冽(せいれつ)な音色と中性的な歌声によって、ジャズ界の帝王マイルス・デイヴィスを凌ぐほどの人気を博したチェット・ベイカー。その極端に起伏の激しい人生も伝説化されており、彼が58歳の時にオランダ・アムステルダムのホテルから転落死した際の真相は未だ謎のベールに包まれている。

 チェットに関するリサーチに3年の歳月を費やしたオランダの新鋭、ロルフ・ヴァン・アイク監督が撮り上げた本作は、チェットの“最期の数日間”に焦点を絞った野心的な長編デビュー作。主役をアイルランドの伝説的ロックバンド「The Walls」「The Stunning」のボーカルとしても活躍する俳優・ミュージシャンのスティーヴ・ウォールが務め、数々の名曲をフィーチャーしたノワール調の映像世界が展開する。

 1988年5月。アムステルダムに滞在中のチェット・ベイカー(スティーヴ)が、宿泊先のホテルの窓から落下して死亡した。いち早く現場に駆けつけた地元の刑事ルーカスは、すぐさま捜査を開始する。マネージャーのピーター、医師のフィールグッド、ルームメイトのサイモン、そしてチェットの最愛の女性サラから話を聞き、彼のずたずたに傷ついた心の闇に触れていく。やがてチェットがドラッグディーラーに借金返済を迫られていた事実も明らかになるなか、ルーカスがたどり着いた“真実”とは…。

 解禁された場面写真は、チェットがバンド編成で演奏しているムーディーなシーンをはじめ、誰もいない路地裏でトランペットを吹くシーンや窓辺でひとり演奏する姿、タバコを吸いながら中指を立てる姿などを収めたもの。愛する人は去り、借金も返せず、ジャンキーとして堕ちていき晩年は心身共にズタズタ。そんな状況にあっても音楽だけは決して止めず、孤高の生き様を貫いたチェットの姿が切り取られている。

 映画『マイ・フーリッシュ・ハート』は11月8日より全国順次公開。

関連記事(外部サイト)