浜辺美波、10年後の福原遥は結婚すると妄想「ブーケ受け取りたい」

浜辺美波、10年後の福原遥は結婚すると妄想「ブーケ受け取りたい」

『HELLO WORLD』初日舞台挨拶にて クランクイン!

女優の浜辺美波が20日、都内で行われたアニメーション映画『HELLO WORLD』の初日舞台挨拶に登壇。共演した北村匠海らと、本作にちなんだ妄想トークを繰り広げた。

 本作は、『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の伊藤智彦監督が手がけたオリジナルのSF青春ラブストーリー。京都の男子高校生・堅書直実(北村)と同級生の一行瑠璃(浜辺)の恋愛模様や世界の秘密を描く。

 本イベントには浜辺や北村のほか、松坂桃李や福原遥、伊藤監督が出席した。

 北村は今回、アニメの声優初挑戦。収録は「プレスコという手法で、ラフなものを見ながら、僕らの声を主体に作ってきた。最初はどんな絵になるのか分からなかった」と回想。「映画ができるまで、階段を着実に進んでいく感じを僕らも味わった。完成した時、今までにない感動を、実写で映画を撮る時と違う感覚で映画の完成を見届けられた」と話した。

 また、直実が行使する創造の能力「神の手」(グッドデザイン)をもし使えるならどうするか、と問われて「ガンダムには乗りたい。これは揺るぎない」と願望を吐露。対して松坂は、右手を広げて「やっぱり螺旋丸(編注:『NARUTO ‐ナルト‐』の主人公・うずまきナルトの必殺技)ですかね」と言い、「劇中の直実と10年後の直実の修行シーンが、まさに螺旋丸を作る時の修行と似ている」と語った。

 二人の話を聞いて浜辺は「そんな夢のあることが思い浮かばなくって…」と前置きし、「マンションを建てて、下の階を売ろうかなと思っていた(笑)。なんかダメだな。ということで、お城にします」と回答。監督から、劇中の能力設定では建築物の維持は難しいと言われると「山をちょっと平らにしようかな…。土地を手に入れちゃおうかな」と現実路線を貫いた。

 さらに、劇中の直実同様、どの時代にアクセスしたいか問われると、北村は「縄文時代。アウストラロピテクスと対話したい」と回答。松坂は「戦国時代で、宮本武蔵の構えが本当にあの絵の構えなのかどうか確かめたい」と述べた。

 続けて浜辺は「平成時代の自分が小学校1、2年生の時に戻りたい。その時の年齢でどれくらい脂肪細胞があるかで、その後の太りやすさが変わるらしいんですよ。だからそこへ行って、食指導をしたい」と浜辺節を続け、会場を笑わせた。

 本作にちなんで、北村と松坂、浜辺と福原が、それぞれ互いの10年後を予想。北村は「(松坂には)アニメーションの監督とかチャレンジしてほしい。役者初アニメーション監督」と言うと、松坂は「いや〜! ハードルが高いな〜!」と反応。やるなら「『ギャートルズ』や『ターちゃん』(『ジャングルの王者ターちゃん』)みたいな、そういう時代のものをテーマにしたい」と言い、北村に「ターちゃんみたいな役をやってもらうよ」と笑った。

 浜辺は、福原の10年後に思いを馳せて「福原さんの花嫁姿をぜひ見たい。絶対似合う。結婚式に呼んでほしいな。絶対いいお母さんにもなると思う。天使のような子供たちに囲まれて、木陰とかで本の読み聞かせとかしてほしい」と妄想を爆発。「(結婚式で)福原さんの投げたブーケを受け取りたい。投げてください、こっちに」とおねだりした。

関連記事(外部サイト)