『これは経費で落ちません!』桐山漣、まさかの裏切り? 視聴者混乱「腹黒すぎる」

『これは経費で落ちません!』桐山漣、まさかの裏切り? 視聴者混乱「腹黒すぎる」

桐山漣 クランクイン!

女優の多部未華子が主演を務めるドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合/毎週金曜22時)の第9話が20日に放送され、桐山漣演じる山崎の裏切りとも取れる言動に「腹黒すぎる!」など反響が寄せられている。

 広報の織子(片瀬那奈)のもとに、公表前の売り上げデータが情報漏えいしたことを匂わす電話が入り、社内で調べたところ、漏えい時のアクセス履歴に森若(多部)のパスワードがあったことが分かる。社員たちから犯人の疑いをかけられる森若だったが、有本マリナ(ベッキー)の動きが怪しいことに気づき、麻吹(江口のりこ)の元同僚の協力を経て潜入調査をすることに。そこで目撃したのは、部長たちが秘密に行なっている接待だった。

 すぐさま信頼の置ける山崎(桐山漣)に連絡を入れた森若。接待には、企業買収が絡んでいることが分かるとSNS上では、「スケールのでかさに驚くw」「池井戸感ある感じになってきた!」と驚きの声が続々。さらに、情報通なうえ、森若に寿司をご馳走するなど男前な行動をとる山崎に対して「なにかと森若ちゃんの味方してあげてる山崎さん優しい」「頼れる男って感じ!かっこいい…」などと好感の声も続いていた。

 しかし終盤では、一連の出来事を目の当たりにし困惑する森若たちを尻目に、バーで有本と密会する山崎の姿が…。有本に向かって、「僕を除け者にしないでくださいよ。おじさん達よりも良い動きしますよ」と微笑む山崎。買収話の立役者である有本とのまさかの繋がりを持っていた山崎に対し、「山崎ー?何企んでるのーーーー?!」「え、腹黒すぎる!かっこいいから許すけど」「闇落ちモード、エグいくらいカッコいいけど混乱だわ」といった困惑の声が寄せられた。

関連記事(外部サイト)