『スパイダーマン』トム・ホランド歓喜 スパイダーマンのMCU離脱なし

『スパイダーマン』トム・ホランド歓喜 スパイダーマンのMCU離脱なし

トム・ホランド演じるスパイダーマンはMCUから離脱せず(C)AFLO

マーベル・コミックスのスーパーヒーローが活躍するマーベル映画から離脱する可能性のあったスパイダーマンが、今後もマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に登場することになりそうだ。現地時間27日、『スパイダーマン』シリーズを製作する米ソニー・ピクチャーズとマーベルの間で新しい契約で合意に至ったことが発表された。Deadlineなどの海外メディアが報じた。

 去る8月、『スパイダーマン』シリーズの映画化権を持つソニーと版権を持つマーベルとの間で、収益配分に関する新しい契約の交渉が難航。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズの製作を降板したと報じられていたが、ファイギ氏は引き続き製作を務めるという。利益配分に関しては、マーベル/ディズニーが25%を受け取ることで合意したとのことだ。

 マーベル映画『アベンジャーズ』シリーズの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』にスパイダーマン役で出演を果たしたトム。ソニーとマーベルの発表後、自身のインスタグラムに映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』より、レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダンが、社員に向って「俺は去らない!」と演説する場面の一部を投稿し、喜びをあらわにしている。

 またDeadlineによると、『スパイダーマン』シリーズ前2作でメガホンをとるジョン・ワッツ監督が、第3弾も担当する可能性が高まっている。すでに監督を務めるべく、最終交渉に入っているという。

 『スパイダーマン』第3弾は現地時間2021年7月16日より全米公開予定。

関連記事(外部サイト)