劇場版『シンカリオン』、ゲスト声優に伊藤健太郎&吉田鋼太郎 予告解禁

劇場版『シンカリオン』、ゲスト声優に伊藤健太郎&吉田鋼太郎 予告解禁

劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』で声優を務める(左から)釘宮理恵、伊藤健太郎、吉田鋼太郎と担当キャラクター(C)プロジェクト シンカリオン・JR‐HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA‐X』に、俳優の伊藤健太郎と吉田鋼太郎がゲスト声優として出演することが発表された。主題歌はBOYS AND MENの新曲「ガッタンゴットンGO!」に決まり、同曲入りの予告編も解禁された。

 『新幹線変形ロボ シンカリオン』は、2018年1月よりTBS系で放送されてきたテレビアニメ。新幹線が移動手段だけでなく、日本の平和と安全を守るため“新幹線変形ロボ シンカリオン”として活躍する世界を舞台に、そのシンカリオンと高い適合率を持つ子供たちが運転士となり、巨大な敵に立ち向かう姿を描く。劇場版では、次世代新幹線の開発を進めるためのJR東日本の新幹線試験車両「ALFA‐X(アルファエックス)」がシンカリオンとして活躍する。

 伊藤は主人公ハヤトたちが戦う敵ナハネを演じる。自身がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』では、かねてより『シンカリオン』について熱く語っており、同番組のSNSで紹介されている動画内では、シンカリオンのおもちゃを手にを持ち、自分なりのアテレコを披露したこともある伊藤。「ちびっ子たちに大人気の『シンカリオン』の新たなる、宇宙最強の敵役に挑戦します。ワクワクドキドキしてもらえるよう、しっかり頑張りたいと思います」とコメントしている。

 吉田はナハネの参謀・オハネフ役。「敵には敵の矜持を示せるよう、心を込めて立ち向かいたいと思います。同じく敵役を演じる伊藤健太郎くんと、シンカリオンの世界で暴れまわりたいと思います!」と意気込みを見せている。

 このほか、物語の鍵を握る少年ホクト役を、声優の釘宮理恵が演じることも決まった。

 加えて、主題歌を担当する BOYS AND MEDの辻本達規もゲスト声優として参加する。テレビアニメではBOYS AND MENとして一度物語に登場したボイメンだが、今回、辻本は「新幹線超進化研究所・北海道支部」の指令員・渡島カムイ役に挑戦。「以前、本人役で出演させていただいた時も嬉しかったですが、今回は物語の人物を演じるのでまた違った喜びがあります! 子どもと関わる仕事をたくさんしているので、その子どもたちにまた喜んでもらえるのが楽しみです!」としている。

 予告編には、宇宙最強の敵ナハネとオハネフが初登場。彼らの襲来により地球に危機が迫るシーンから始まる。ハヤトから「お父さんが子どもに!?」という衝撃のせりふが飛び出し、これまで“謎の少年”とされていたキャラクターは、敵が放つ光の粒子に包まれてタイムスリップしてきた9歳の父ホクトだったことが明らかに。日本各地からシンカリオンが集結し、敵に立ち向かう中で“シンカリオンALFA‐X”が放つ必殺技「グランクロス」は迫力満点の映像となっている。

 劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA‐X』は12月27日より全国公開。

関連記事(外部サイト)