松岡昌宏、テレ東初主演作で「新しい引き出し」を期待

松岡昌宏、テレ東初主演作で「新しい引き出し」を期待

ドラマホリック!『死役所』記者会見にて クランクイン!

TOKIOの松岡昌宏が10日、都内で行われたドラマ『死役所』(テレビ東京系/10月16日スタート)の記者会見に出席。今回の役柄に「新しい引き出しであることは間違いない」と期待を寄せた。

 同作は、あずきみきし氏による、累計300万部(電子書籍含む)を超えるベストセラー漫画を初映像化。テレビ東京ドラマ初主演となる松岡が、この世を去った者たちが最初に訪れる「死役所」の職員・シ村を演じる。会見には松岡のほか、共演の黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんが出席した。

 松岡は「テレビで表現できるのかなという不安と同時に、僕がイチ視聴者でも見たいと思わせる作品になっていると思いますので、ぜひやらせていただきたいということで参加させていただきました」とコメント。これまで演じた役柄とは一味違うキャラクターに、松岡は「新しい引き出しであることは間違いない。手探りながら、やったことないから何やってもいいだろうみたいな」と心境を明かした。

 また松本は、自身が演じるニシ川に対して「強烈なビジュアルとイメージの強い役」と感じたよう。役作りについて「自分からあまりにもかけはなれていたので、いかに原作に忠実なところまでいけるというのを、ここまで徹底したことはないほど本当に細かい調整をしていただいて作りました」と打ち明け、「絶対に笑ってはいけない役なので、今日もなるべく笑わないようにしています。笑ってる写真は撮らないでいただけるとありがたいです」と話しながらも思わず笑みがこぼれてしまい、必死に顔を隠していた。

 そんな松本の様子に松岡は「いいんじゃないの別に(笑)。そこまで望んでないでしょ」とフォロー。松本は「そうなんですかね? そこまで望んでないですか?」と拍子抜けしていた。

 さらに、現場でのキャストの裏側を聞かれた松本は「松岡さんは第2の監督。すべてが見えてらっしゃるから、仕切りがすごくて。すごくスムーズに行くんですよ、現場が」と報告。松岡は「テキパキやるほうが芝居がスムーズに行くかなと思って」と笑い、自身は清原について「清原が、飲むと尾崎豊を歌います」と暴露した。

 松岡の暴露に清原は「ちょっとそれは秘密かもしれない」と戸惑いつつ、「内に秘めた熱い思いが溢れちゃうというか」とこぼして笑いを誘った。

 ドラマホリック!『死役所』は、テレビ東京系にて10月16日より毎週水曜24時12分放送。

関連記事(外部サイト)