田中圭×中村倫也、初の濃密共演 SPドラマで“生き別れの兄弟”に

田中圭×中村倫也、初の濃密共演 SPドラマで“生き別れの兄弟”に

ドラマスペシャル『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』に出演する田中圭(上)と中村倫也(下)(C)YOSHITOMO TAKASHIMA(※田中)(C)西村康/別冊カドカワ(※中村倫也)

俳優の田中圭と中村倫也が、ドラマスペシャル『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事(仮)』(テレビ朝日系/2020年放送)で“生き別れの兄弟”を演じることが分かった。過去に共演歴はあるものの、これまでガッツリと直接絡むことはなかった田中と中村が、初めて濃密な芝居を交わし合う。

 今作は、第29回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をダブル受賞して作家デビューした社会派ミステリの新旗手・大門剛明の人気小説『不協和音』を初ドラマ化。田中と中村が演じる兄弟は、かつて不当な自白強要で冤罪を生み出した刑事の息子として小学校でイジメの対象にまでなっていたが、父の死後別々の家庭に引き取られ新たな人生を歩むことに。そんな2人がやがて刑事と検事になり、ある事件の捜査で再会。それぞれの譲れない信念をぶつけ合いながら、難解を極める事件の真相を解明していく。

 田中が演じるのは、愚直なまでに真っ直ぐな精神で真正面から事件と向き合う熱血刑事・川上祐介。小学生だった頃、父の死後母方の祖母に引き取られ、「川上」姓に改名した。父への思慕の情を抱えたまま、高校卒業後はノンキャリの警察官に。交番勤務を経て、30歳を過ぎてから刑事課に所属した。刑事としてはまだ新米だが、その熱い精神と優しい心で、不器用ながらも担当する事件と一つ一つ真摯に向き合っていく。そんな中、ある事件の捜査で、今やエリート検事となった生き別れの弟・唐沢真佐人と再会。真っ向からぶつかり合いながらも、同じ事件に挑んでいく。

 中村が演じるのは、東大卒のエリート検事で、時に冷徹とも思える冷静沈着さで事件と向き合う唐沢真佐人。小学生の時、父の死後高等検察庁の元検事長・唐沢洋太郎の養子となった。その後、東京大学を卒業し現職に。まさにエリート中のエリートで、周囲からも出世コースに乗れる人材だと目されている。ある事件の捜査で祐介と再会し、互いに衝突を繰り返しながらも真相解明にまい進。そんな中、実の父を今も崇拝する祐介に対し、否定的な態度をあからさまにとるキャラクターだ。

 果たして、田中と中村という旬の2人が、“炎の刑事VS氷の検事”という図式で“不協和音な2人”をどのように体現するのか。時にぶつかり、時に深い絆を匂わせる、エキサイティングな芝居合戦が期待される。

 ドラマスペシャル『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事(仮)』はテレビ朝日系にて2020年放送。

関連記事(外部サイト)