『映画 妖怪学園Y』、ゲスト声優に木村佳乃&渡部建 ハチャメチャ予告編も解禁

『映画 妖怪学園Y』、ゲスト声優に木村佳乃&渡部建 ハチャメチャ予告編も解禁

『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』のゲスト声優を務める木村佳乃とアンジャッシュ・渡部建(C)LEVEL‐5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2019

『映画 妖怪ウォッチ』シリーズ第6弾『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』のゲスト声優に、女優の木村佳乃とアンジャッシュ・渡部建が決定。あわせて、超ドタバタ&ギャグ満載の新予告映像も解禁となり、ベールに包まれてきた主人公・寺刃ジンペイの変身シーンも解禁された。

 『妖怪ウォッチ』は、株式会社レベルファイブが企画・原作を行い、ゲーム、アニメ、漫画、玩具とクロスメディア展開され、子供を中心に人気を獲得。劇場シリーズはすでに5作品が公開され、冬休みの定番作品となっている。

 今回の舞台は、トップクラスの能力を有するものだけがスカウトされ、入学を許可される超エリート校「Y学園」。その学園で新たに設けられた選出基準『YSP』により選ばれた主人公・寺刃ジンペイが、個性豊かな仲間たちと一緒に学園の不可思議な謎に挑む。

 ゲスト声優として参戦が決まった木村が演じるのは、主人公たちの前に立ちはだかるレジェンド怨霊・メドゥーサ。木村は「私も家族で映画館に妖怪ウォッチを観に行ったことがありますが、今年はギャグ満載でめちゃくちゃ面白い!」と作品の出来栄えに太鼓判を押す。演じた“悪役”については「演じていて『楽しい』しかなかったです(笑)。ラグビーの試合で叫びすぎないよう気を付けたので、声の調子が良い状態で絶叫シーンも出来ました!」と自信を見せるが、「ただ、私が悪役ばかりやるのを娘が嫌がるので、娘には主人公のジンペイ役だと言い張ろうと思います」と笑う。

 一方の渡部が演じるのは手に汗握る実況中継でバトルを盛り上げる男子生徒・タベケン役。自身の名前をもとに名づけられたキャラクターで、培われた滑舌とトーク力を発揮する。渡部は「国民的人気のアニメ映画に参加できるということでとても嬉しかったのですが、台本を読んでぶっ飛んだ物語にびっくりしました!」と振り返り、「学園ものだし、巨大ロボが出てきたり、ドタバタしていてとっても楽しいです」と見どころを語る。

 解禁された新予告映像では、ジンペイの変身シーンが初解禁。謎のYSPウォッチを使ってジンペイが妖怪HERO・剣豪紅丸に変身し、敵と激しく闘う様子が描かれる。「Y学園」を舞台に繰り広げられる、変身あり! 熱いバトルあり! 巨大ロボあり!? 驚愕の新機軸ドタバタ冒険活劇に期待の高まる予告編となっている。

 さらに、本作のオープニングテーマ曲が、10代女子に絶大な人気を誇る動画配信エンタメユニット「すとぷり」のメンバー莉犬君が歌う「Y学園へ行こう 学園ドタバタ編」に決定したことも発表された。

 『映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか』は、12月13日全国公開。

関連記事(外部サイト)