『ファンタスティック・ビースト』第3弾、2020年2月に撮影開始か

『ファンタスティック・ビースト』第3弾、2020年2月に撮影開始か

『ファンタビ』第3弾は2020年2月に撮影開始予定(※『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』場面写真)(C)AFLO

今夏から晩秋に撮影時期が変更になったと報じられていた映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト』シリーズの第3弾。ジェイコブ・コワルスキー役の俳優ダン・フォグラーいわく、撮影開始時期は2020年初めに再び変更になったという。

 『ハリー・ポッター』シリーズ原作者のJ・K・ローリングが脚本を務め、シリーズでおなじみのデヴィッド・イェーツ監督が再びメガホンをとる第3弾。Comicbook.comによると、ダンは米ボストンで開催されたリーキーコン2019にゲスト登壇し、「まだ撮影していないんだ。2月から始まるよ」と明かしたという。

 今年初めに撮影延期が報じられた際、撮影延期によって製作側が必要とする十分な準備期間が確保できるようになったとのことだった。また、第2弾の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が、『ハリー・ポッター』シリーズを含む10作の中で最低の北米興行収入(約1億5900万ドル/約172億円)をマークしたことから、ローリングが脚本の改善に励んでいると伝えられた。

 「最後に聞いた話では、J・Kがすごい勢いで脚本を書いているとのことだった」とダン。「誰もが彼女の脚本に満足していた。今はみんなで新しい脚本が届くのを待っているところだ。現状はそんなところだよ」と語り、最新の脚本をまだ見ていないという。

 『ファンタビ』シリーズはこれまで、第1弾が2016年、第2弾が2018年と2年置きに公開されていたが、今回の撮影時期の変更によりそのパターンが崩れることになる。現時点では、現地時間2021年11月12日より全米公開予定となっている。

関連記事(外部サイト)