波瑠&成田凌、W主演 遊川和彦オリジナルの30年にわたるラブストーリー公開決定

波瑠&成田凌、W主演 遊川和彦オリジナルの30年にわたるラブストーリー公開決定

映画『弥生、三月‐君を愛した30年‐』キャスト陣ビジュアル(C)2020「弥生、三月」製作委員会

女優の波瑠と俳優の成田凌が初共演でダブル主演を務める映画『弥生、三月 ‐君を愛した30年‐』が、2020年3月20日より全国公開されることが決まった。ドラマ『家政婦のミタ』『同期のサクラ』などの脚本家・遊川和彦による第2回監督作品となる。

 本作は遊川監督の完全オリジナル脚本で、30年間に及ぶ3月のある1日を舞台に、昭和〜平成〜令和と時代をまたぎ、運命にもてあそばれながらも愛を紡いでいく2人の半生を描くラブストーリー。

 正しいことに真っすぐ突き進み、強い信念を持つ主人公・結城弥生役を波瑠、周りに流される弱さを抱えつつも、大切なひと・弥生を人生かけて支えていくもう一人の主人公・山田太郎、通称サンタ役を成田が演じる。このほか、弥生と太郎の親友で、病気が原因で若くして命を落とす高校生・渡辺サクラ役を杉咲花。太郎と深く関係のある青年・あゆむ役を映画初出演の岡田健史。人格者で弥生の配偶者となるが、ある事故に巻き込まれる男・白井卓磨役を小澤征悦。悩む二人にいつも手を差し伸べてくれる太郎の母・山田真理亜役を黒木瞳が務める。

 高校時代に親友(杉咲)を病気で亡くした弥生(波瑠)と太郎(成田)は、その後、互いの思いを秘めたまま別々の人生を歩んでいく。子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見つけ、子供が産まれ…。しかし人生は順風満帆ではなく、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者を亡くし、子供の頃に抱いていた夢は断たれてしまう。そんな人生の起伏にいつもそばにいてくれて手を差し伸べてくれたのは“あなた”だった−。

 波瑠は出演を決めた経緯を、「脚本はとても読み応えもあり面白かったのですが、私がこの作品を背負える自信がありませんでした。そんな迷いのなかで遊川さんにお会いした際、監督の熱い想いに心を動かされ、私は弥生を演じることを決めました」と語る。

 テレビドラマ・映画を通じ初共演の成田については「柔らかい雰囲気を持った男性でした。とても人懐っこく、憎めない愛嬌のあるサンタ(太郎)に合っていたように思います」との印象を明かす。自身の演技については「流れる時間の中で変わっていく部分と変わらない根っこの部分を弥生で表現できれば、という想いで演じさせてもらいました」と話している。

 一方、成田は「3月1日から3月31日までの話です。16歳から50歳までの話です。男女二人の、人生の話です。純粋でいる事、素直である事、強くある事、色々な事を弥生から学びました」とのコメントを寄せている。

 映画『弥生、三月 ‐君を愛した30年‐』は2020年3月20日より全国公開。

関連記事(外部サイト)