バカリズム『架空OL日記』、シム・ウンギョン&坂井真紀&志田未来ら出演決定

バカリズム『架空OL日記』、シム・ウンギョン&坂井真紀&志田未来ら出演決定

映画『架空OL日記』追加キャストビジュアル(C)2020『劇場版 架空OL日記』製作委員会

お笑いタレント、俳優、脚本家として活躍するバカリズムが原作・脚本・主演を務める映画『架空OL日記』に、韓国の女優、シム・ウンギョンや女優の坂井真紀、志田未来、石橋菜津美の出演が決定した。

 本作は、バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそりつづっていたブログを書籍化した『架空OL日記』(小学館文庫、全2巻)が原作。2017年に放送された連続ドラマ(読売テレビ・日本テレビ系)は、バカリズムが本人そのままの姿でOL役を演じていることも話題になり、第55回ギャラクシー賞の奨励賞を受賞。さらに、脚本を担当したバカリズムは同賞の特別賞や第36回向田邦子賞を受賞している。

 発表されたのは、本作に出演する新キャスト。バカリズム演じる“私”と同じ「みさと銀行」で働くソヨン役を、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』や『怪しい彼女』で自国での人気を確立し、日本でも映画『新聞記者』で好演するなど活躍の場を広げているシムが演じ、同じく「みさと銀行」で働き、上司となる小野寺課長役を映画・ドラマと数々のヒット作に出演し続けている坂井が務める。

 さらに、“私”の地元の友達・リエ役を、ドラマ『監察医 朝顔』や『ハケン占い師アタル』など話題作への出演が続く志田が務め、同じく“私”の友達・クミ役には、話題作『夫のちんぽが入らない』やドラマ『ボイス 110緊急指令室』など活躍の場を広げている石橋が演じる。

 シムは「今回、映画『架空OL日記』に海外派遣させていただきました。とにかく面白くて、人間味があふれる面白くて温かい作品に出演させていただき、光栄に思っております。私もゲストの一人として皆さんと一緒に笑い、温かい時間を過ごしたいです」とコメント。坂井は「スタッフの皆さんもバカリズムさんの脚本をとても楽しんでいらして笑いの絶えない現場でした。控え室でみんなでお昼をいただいている時に、バカリズムさんが女子に囲まれてお話しされている姿が、いつものロッカールームそのものでした(笑)」と撮影を振り返った。

 映画『架空OL日記』は2020年2月より全国公開。

関連記事(外部サイト)