ベッカム・チルドレン、パパ・ベッカムのLA ギャラクシー銅像前で記念写真

ベッカム・チルドレン、パパ・ベッカムのLA ギャラクシー銅像前で記念写真

子供たちにベッカム像を見せたデヴィッド・ベッカム(C)AFLO

いつも4人の子供たちとの仲睦まじい姿を披露してくれる元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカム。2007年から2012年に所属していた米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに、4人の子供たちと訪れたようだ。4人がデヴィッドの功績を称えて建てられたベッカム像の前でポーズする写真が、デヴィッドのインスタグラムで公開された。

 今年3月にお披露目されたベッカム像は、デヴィッドが両手を広げ、まさにボールを蹴ろうとしているフォームになっている。長男ブルックリンを筆頭に、三男のクルス、長女のハーパー、次男のロメオという順に横並びになり、カメラをみて微笑んでいる写真と後ろを向いて銅像を見上げている写真が公開された。デヴィッドは「今晩、子供たちに初めてパパの銅像を見せた。とても誇りに思える瞬間だ」とコメントし、うれしそうだ。

 E!Onlineによると、デヴィッドはインスタグラム・ストーリーにも、その時の様子を映した動画を投稿したという。そこでは子供たちの一人が「すごくかっこいい」「すごくイカすね」と言っている声が聞こえたという。デヴィッドはシューズの裏に、子供たちの名前が刻まれていることを教えていたとのことだ。

 投稿された写真には妻のヴィクトリア・ベッカムが写っていないが、その場にいたという。ヴィクトリアもインスタグラム・ストーリーに動画を投稿し、「私たちはあなたを心から誇りに思うわ!」などの文字を添えて、デヴィッドを称えていたそうだ。

関連記事(外部サイト)