広瀬アリス、のん、松岡茉優ら豪華女優、華やか衣装で魅了<第32回東京国際映画祭>

広瀬アリス、のん、松岡茉優ら豪華女優、華やか衣装で魅了<第32回東京国際映画祭>

(左から)佐久間由衣、広瀬アリス、のん、松岡茉優 クランクイン!

28日に行われた「第32回東京国際映画祭」のレッドカーペット。広瀬アリス、のん、松岡茉優、佐久間由衣、桜井日奈子、水原希子・佑果姉妹、水川あさみといった豪華女優陣が華やかな衣装で登場し、集まったファンを魅了した。

 今年の映画祭でフェスティバル・ミューズを務める広瀬は、レッドカーペットの一番手として登場。この日の彼女は光沢感のある白いワンピースと黒のブーツというシンプルなスタイリングを披露し、明るい笑顔と圧倒的な存在感で集まった映画ファンを盛り上げた。

 昨年の映画祭ではアンバサダーを務めた松岡は、今年は最新作『ひとよ』でレッドカーペットに出席。白と黒のチェック柄のトップスと黒のシースルーのスカート、そして足元は黒いブーツというスタイリッシュな装いを披露した。

 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に[特別先行版]』でヒロイン役を務めるのん。彼女は、控えめにあしらわれたレースが上品な印象を与えるドレス姿でレッドカーペットに登場。賑やかな会場で一層映える真っ白なシースルー・ドレスでファンとの交流を楽しんでいた。

 特別招待作品として映画祭で上映される『“隠れビッチ”やってました』で映画初主演を飾った佐久間は、長身に映えるアイボリーカラーのドレス姿でレッドカーペットに参加。胸元が大きく開いたドレスを抜群のスタイルで見事に着こなしていた。
 
 映画『殺さない彼と死なない彼女』でヒロインを演じた桜井は、ラメがあしらわれたベージュのシースルードレスで登場。メイクもあいまって一段と大人っぽい表情を見せていた。

 音楽家・細野晴臣の実像に迫ったドキュメンタリー映画『NO SMOKING』に姉妹で出演した水原姉妹。2人は晴れやかな場を一層盛り上げるフリル付きのミニスカート・ドレスで登場。希子は胸元にリボンの着いたピンク色のドレスを、妹の佑果は赤と白のチェック柄があしらわれたドレスを着用し、ミニスカートから伸びる美脚を披露しながらレッドカーペットを歩いた。

 俳優の濱田岳との共演作『喜劇 愛妻物語』がコンペティション部門で上映される水川あさみ。ノーショルダーのドレス姿でレッドカーペットを闊歩。光沢のある生地に自然の風景がプリントされた個性的なドレスで晴れの舞台を彩った。

関連記事(外部サイト)