のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に

のんが第32回東京国際映画祭レッドカーペットに登場 大人の美貌に報道陣ざわつく

記事まとめ

  • 第32回東京国際映画祭のレッドカーペットにのんが登場し、報道陣がざわついたという
  • のんは劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の主演声優として参加
  • 片渕須直監督、真木太郎プロデューサーとレッドカーペットを闊歩した

のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に

のん、報道陣ざわつく美ぼう 幼さ消えて大人の女性に

第32回東京国際映画祭レッドカーペット 純白のシースルードレスで観客を魅了したのん クランクイン!

のんきれいになっていないか?」

 28日に催された第32回東京国際映画祭のレッドカーペットイベントで、美男美女を撮り慣れた百戦錬磨の芸能カメラマンたちからそんな声が漏れた。会場内で「のーん!」と興奮気味に叫ぶ声もこだました。

 芸能人の中には時に、写真や映像の枠で収まりきらずに「実物のほうがきれい、カッコいい」と評される美男美女が少なくない。この日、のんがそうだったのではないだろうか。

 連続テレビ小説で人気を博したり、週刊漫画雑誌でトリッキーなグラビアを披露したりした頃の元気さ、自由奔放さが影をひそめ、すっかり大人の女性の雰囲気を身にまとっていた。見た目にも、子どもらしい丸みが抜けて正統派美女の顔つき、スタイルに変ぼうを遂げていた。

 のんは今回、劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(12月20日公開)の主演声優として片渕須直監督、真木太郎プロデューサーとレッドカーペットを闊歩(かっぽ)した。きらびやかな映画女優たちに負けず劣らず、オーラをほとばしらせていた。
  
 現在26歳。のんは女優として今、月9ドラマ『やまとなでしこ』(2000年放送、フジテレビ系)で松嶋菜々子演じる神野桜子が「27歳を売り時のピークに計算していた」なんて語っていた旬の時期にさしかかろうとしている。

 輝きを放つ彼女の美ぼうと、演じることに飢えた女優魂を映像作品でもっと見てみたい。図らずも、レッドカーペットのカメラマン席の片隅でそう考えた次第である。(文・写真:桜井恒ニ)

関連記事(外部サイト)